« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

気持ちだけですが…

先日、カラー仲間で仙台のかおりさんのブログで、
「同じ被災地だけれど、幸い避難は免れたので、救援物資を届に…」の記事を目にし。

募金は主人の会社を通してやったけれども
お金より、物の方が早い、という話も耳にし…

調べてみたら、都庁 第2庁舎一階で、救援物資を受け付けているとのことで

ちょうど今日、新宿に出向く用があったので、
託して来ました。
ほんの少しですが…

張るカイロ・紙コップ・紙皿・ウエットティッシュ・冷えピタ・箱入りマスク…

紙袋に入れる程度の、ほんの少しですけどね。
届けてきました。

都庁に着くとビックリ!
今日は雨にもかかわらず、水のケースを何箱ももった人。

紙おむつを抱えた人がかわるがわる受付に!

受付で受け取る方々も
「本当にありがとうございます。
うれしいです。
助かります(^-^)」と、
自分で使う訳でもないのに、笑顔で対応してくれてヾ(*'-'*)

こちらこそ、おつかれさまです☆と、思わず笑顔に(*^_^*)

こんなこと書くと、ええカッコしぃですけどね。
普段は恥ずかしくても、こんな時だから、ちょっとええカッコしてもいいかな?っと(^ヘ^)

ほんの気持ちだけですが…

ちなみに、
都庁で受付できる品物の内容は、決められていて、
食品・衣類・毛布などは受付ていません。

ご興味ある方は、東京都のHPから詳細確認いただけますヾ(*'-'*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

少しだけでも・・・

昨夜の報道で
「ここは汚染地域ではなく、被災地域なのに
なぜ救援物資が届かないんですか?」
と、
悲痛な福島県知事の呼びかけを目にしました。

感染症や汚染やこのような事態がおこる度に
そこで暮らす人々は、被害者であって
隔離すべき異分子ではない!と、いつも思います。

ここで、こんなたとえ話を出すのは
ホントにおこがましい限りですが。。。

私の息子が幼い頃、便に鮮血がつき
神経質だった当時の私は、一応…という思いで
かかりつけの病院に連れて行きました。

ちょうどその頃 Oー157が騒がれていた時で
念の為と受けた検査で、Oー155?6?(もう忘れましたが)
私たち親子は結果を聞かされるまで長時間 延々待たされ
病院は騒然となり、一体何の騒ぎ???と、辟易しながら
ようやく診察室に入ると

「困ったことになった…」と、いつも柔和だった医師が
私たち親子をまるで腫物でもみる様子。

本人はいたって元気で、何の症状もないのに
接触した人や場所を聞かれ、保健所から衛生指導が入り
家族そのものが病原菌扱いのようでした。

後で思えば、診断のOーなんたらの菌は、
157と数字は近くても特に危ないものでなく
軽い痔のような症状で(下痢でもなんでも
なかったので)採取したイチゴパックにたまたま付着してた
ものかもで、さほど大騒ぎするものではなかったのに

その時の対応は、なんて理不尽な対応なんだ。。。と
つくづく悲しくなったのを覚えています。

なので、新型インフルエンザの初期の罹患者の方や
鳥インフルなどの対応を見る度
程度は違いますが、あの時の体験を思い出し
胸が痛みます。

本人たちが そうなりたくてなった訳ではないのに…

今日、私の信頼おける郷里の友人たちが
ありがたいアドバイスをくれました。

中の一人は、敏腕の医師で、彼曰く

原発によほど近くでなければ
さほど心配な値ではない。
自分も放射線手術の度
マイクロシーベルトの量は浴びて四半世紀たつけど
問題ないから、安心して!!

とのことでした。

また、ある友人は、ネットから見れる
放射能の数値が分かるサイトを教えてくれましたので
それもお伝えしますね。

ttp://park18.wakwak.com/~weather/geiger_index.html

(頭にhをつけて下さいね。)

まずは、この忌わしい原発事故の終息を願うとともに
被災地やそこで暮らすの方々への偏見や差別がおこらないように
今 切に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

希望の光

昨日、大切なお客様から 3月11日に無事ご出産のお知らせを
いただきました。

普通でも本当にうれしいことですが、このような時だからこそ
なおさらありがたく、心が躍る気持ちです。

優しく前向きな方で、産後で大変にも関わらず
この震災で 何か自分に出来ることを・・・のお伝えに
私こそ 勇気をいただきました。

流言飛語が飛び 不安を煽る一方で
地元に留まり 少しでもよりよいこの先を…と願いながら
耐え忍んでいる方々がたくさんいます。

以前 宮城で一度お会いし安否が気になっていた
石巻のYちゃんからのメールがまゆうさんに届き
 現状の大変さ 命の尊さを 少しでも知っていただけたら…と
引用させていただきます。

~~~~~~~~
 
 募金して欲しいとか、物資を送ってとか言いません

私がして欲しいのは
この震災の状況を誰でも良いので一人でも多くの人に伝えて下さい

父は避難所で暗く寒い思いをしています。
母は病院で走りまわってます。
弟は消防、自衛隊で頑張っています。
私は病院で危篤の祖母につきっきりです。
お風呂もありません。
食べ物もありません。でも私以上に大変な思いをしている人達が大勢います。
皆皆今は辛くても生きているんだ
命の大切さを伝えてください。

もう…私の携帯の電池も最後です。
電波もかなり悪くこのメールも何度も何度送っても届きません。
御願いです
皆さんに届いて下さい

~~~~~~~~

また、私の大切な師匠 福島の志保さんのメッセージも
お伝えいたします。

~~~~~~~~~

地震の際は、大地の波動も一気に落ちるので、人間や動物、
あらゆる生物に良くない影響を及ぼします。

地震発生地帯の側にいなくても、大地全体の波動が落ちるので、
感情や意識が低下しやすいです。
人々の意識が、不安や怖れにとらわれるのも、その作用だと思います。

また、頭がボーっとしたり、心ここにあらず・・・という状態にもなりやすいです。

エーテル体も揺れるので、実際に地震で揺れていなくても、
常に揺れているような感覚にもなります。

まず、このような、「普通ではない状態」の時こそ、
「普通に過ごす」ことが大事だと思います。

つまり、焦らず、怖れず、不安にならず、平静に!ですね。

「全てうまくいっている!」とか「大丈夫だ!」という言葉も
いつも以上にたくさん使ってみた方が良いと思います。

~~~~~~~~~

誰しも我が身と身内は大事なことは当然です。

ただ、こういう事態が起こると
ともすれば対岸の火事を見るように
「うちでなくて良かった」的な言動が
どれほど冷たい空気として 流れることでしょう。

放射線の濃度の深刻な福島県の物資不足は深刻です。
ガソリンもどこも売り切れで 移動するにも動けないそうです。

明日の不安より 今 命あることに心から感謝しながら
少しでも思いやりの気持ちで対処していくことが
今育まれている新しい命たちにとっての
よりよいこの先へと繋ぐ 心の絆だと思います。

この拙いブログをお読みくださる方々が
少しでも 何か 感じ取っていただき
この内容を広めていただえkたら…と思います
 m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

心配り ~愛をこめて~

未だに 不気味な余震の続く ここ東京ですが、

きっと、これ以上に不安で不便な日夜を
被災地の方々は過ごされていると
揺れを感じる度 思います。

震災当時、私は一人
借りたばかりの3階の部屋にいて
鎮まるどころかどんどん強くなる揺れに
窓際の背の高い棚を必死で押さえながら
眼下の青梅街道を見下ろしてました。

ここは環七との交差点で
いつもながらかなりの交通量の道路ですが
警官の誘導に従い 乱れることなく
整然と列は止まり この国のモラルの高さを
間近に見ました。

幼子を抱きかかえ、住宅街から幹線道路に
心配そうに様子を見守る親子たちの姿が
見えました。

その様子を見ながら 私が思ったことは
自分のことより 自分の愛する人たちが無事か
どうかでした。

これは、私が 人生のかなりの年月を過ごした
からで、達観した…とかではサラサラありません。

「怖い」と思うより「みんなは大丈夫?
守って!どうか守ってください!」と、繰り返し
祈っていました。
きっと心ある方々は、みんな一様にそう願ったと思います。

震災直後、数人の方からコスモ石油…の連絡をいただきました。
ゆすり・たかりではなく 気を付けて済むことなら。。。と、
私も多くの方に流しました。

その後 発信者の方々から 「チェーンメールかもしれません。」
のお詫びの連絡をいただきましたが
その自省的な心遣いに なおさら彼女の優しさを受け取り
「どうか反省しないで!
大切に思ってくれてありがとう。」と
いう気持ちでいっぱいでした。

どう受け取るかは、受け手の自己判断。
内容よりも 彼女たちの気遣いの心映えが
ありがたくうれしかったのです。

こういう大災害の後には 色々な情報が飛び交います。
現に 被害の少ない都下でも 計画停電により 
予想以上の混乱を期していますし
原発の状況も不気味な様相を呈しています。
スーパーでの買い占めもおこっています。

何より自分と身内の安全は大切でしょうが
未だ危険にさらされている被災地にも 
私の大切な愛する方たちがたくさんいます。

日本人は 祈りの力の強い民族だそうです。

かつて経験したことのない体験に
日々心は同様することと思いますが、
本来 穏やかで 協調性があり 優しさに満ちた
魂をもった私たちです。

不安を口にするのではなく
どうか、その優しく気高い心で
愛のエネルギーをこめて 一緒にお祈り願います。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

安否確認

昨日の地震は、
ここ関東でも
私が生きて初めてくらいの激しい長い揺れで(>_<)
こちらの被害はガラス製品が幾つか破損したくらいの程度でしたが、
震源に近い東北地区の方々は、全く信じられないのような大変な1日だったと思います{{ (>_<) }}
仙台のkaoriさん・emuさん・福島の志保さん、
なんとかご無事と、今日連絡取れました。

きっと復旧に向け、これからがご苦労と思いますが…
本当にまずはご無事でなによりです。

仙台には、ほかにも大切な方々がおり。。。

ご無事を心よりお祈りしていますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新しいスタートです☆

新しいスタートです☆
新しいスタートです☆
新しいスタートです☆
新しいスタートです☆
おかげさまで、
今日カラードシプカ サロン
オープンいたしました☆
早速の沢山のご予約、
ありがとうございます
(*^_^*)

いらして下さるみなさまにとり、少しでも有意義な場所となれば…と思います(^-^)

みなさまにお相出来るのを楽しみにいたしております(^-^)/~

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

二見浦

二見浦
伊勢の宿に選んだ二見浦の朝日舘 。

由緒ある建物で、とても親切なスタッフ、
料理も美味しく盛り沢山で
おすすめです(^-^)

ただ、建物がレトロな3階建ての為
上の階が元気なお子さんだと
足音の洗礼は受けますが…
ヾ(^_^;

リアル 「座敷わらし」のご愛嬌と思えば
それもまた 楽しです(^-^)

なにより伊勢の海が部屋の目の前に広がり…

心地よい海風に吹かれながらの、早朝の夫婦岩参りは、春の訪れを感じました (^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

伊勢詣で 2

携帯の電池切れの為、
掲載遅くなりました(^_^;

前の記事だけだと、お弁当食べに行っただけ…
みたいですもんね〜 (*^_^*)

遅ればせ、ご報告(・ω・)ノ
宇治山田駅より徒歩で、まずは外宮へ。。。

ちょうど人も少なく
のんびり散策の本殿への参道は、
おおらかな気で、
歩くごと、足腰が何かに心地よく支えられ、「地に足が着く。」感覚ってこの感じかも…
と実感しながら、参詣。
お参り後に解説を見たら、衣食住を司る神殿なのですね。
まさに体感です (*^_^*)
それから、この杜の大樹☆
風の宮 手前の大木に一目ぼれして 思わずハグ。
沢山の杉もあるのですが、なぜかここでは、くしゃみも鼻も出ない 。。(*'-'*)

不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

伊勢詣で

伊勢詣で
お久しぶりです(^-^)

新しいPCが昨日ようやく届きました。

接続はこれからでして…申し訳ありませんが、
もう少しお待ちくださいm(_ _)m

実はただ今、伊勢に向かう新幹線の中です(*^_^*)

花粉の舞い散る中、チャレンジャーのお伊勢参りに行ってまいります(^ヘ^)v

おかげさまで、お天気も快晴☆

くしゃみ連発も鼻が詰まることもなく、東京駅でちょうど開催中の全国駅弁フェアーで見つけた
゛小田原 春弁当 ゛
美味しく完食♪

アマテラスさまにご挨拶に行ってまいります
(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »