« ルージュの色 2 ~ピンクな唇~ | トップページ | Dr.パルナサスの鏡 ☆ »

ルージュの色 3 ~甘え上手な色~

はい、はい、懲りずに続く その続きです(笑)

この整骨院も 多分他の整骨院と同じ(?)設備で
ベッドが数台で 先生が数人で 同時並行で
診療していくシステムなのですが、

カーテン一枚のベッド越しでは、会話も筒抜け

隣がおじさんの時は
余程のことがない限り
先生「痛くないデスかぁ~?」患者さん「はい」
先生「頑張られましたね~」患者♂さん「どーも」
くらいの会話

それがオバサマは まったく違うup

先生は皆男性で整体技術の他にも
リラクゼーション技術も心得ていて とても褒め上手
引き出し上手で 学ぶことも多く
思わす頭が下がる思いですが

そこから聴こえてくる話しぶりや声のトーンや
会話は、「えっ、あそこに鎮座されてた方々~?!」
と、疑うくらい本当に乙女のように
可憐で可愛いんですheart04

こんな様子をカーテン越しに 伺うワタシも
ほんとに失礼なヤカラですが

体をマッサージでほぐしてもらい
同時進行で 会話で心もほぐしてもらい

ここを見るだけでも
ただ今の日本の女性の平均寿命の長い訳
なーんとなく 分かったような・・・bleah

メイクの歴史を辿ると
自己アピールとして発展した欧米と
魔除け的風習から派生した日本とは施し方が違います。

最近のトレンドはヨーロッパっぽく
目力 とことん強調でヌーディーな唇ですが

オバサマ方は 魔除け的様相に近く
真っ白いおしろいに 口紅スタイルです。

そして、「もしや色の意味をミノさんの番組でやった?!」と
思うくらい 皆さま そろいも揃って
鮮やかピンクには、思わずビックリnote

これも長年の人生経験のなせるワザかしらflairと、
ひとりで妙に納得しながら ウフウフしてました (*^-^)

だって ピンク色は ある意味
無理をせず 甘え上手を可能にさせる色なのですからheart01

かたや 診療台の鏡に映ったワタシ

「顔色 悪! 確かに鮮やかルージュじゃないし・・・」

ポツポツ居る 30代くらいの女性も似たりよったり。。。

たまたま先日見たテレビで
”「助けて!」が言えない30代” という特集をやっていましたtv

就職氷河期で なんとか入った企業でも成果主義を押し付けられ
「代わりはいくらでもいるから」と、切り捨てられる恐怖で
弱音が吐けず・・・sweat02

思い返すと 様々な悩みを抱えていらっしゃる
その年代以降のクライアントの方々の多くは
皆さん容姿端麗で 素晴しいスキルをお持ちの方ばかりなのに

ご自身の至らなさを責めたり それを外に明かすことの
許されない思いの現われか、モノトーンの服装に
メイクも色を施すというより 陰影を作る・・・という印象です。

確かに真っ赤なほっぺのペコちゃん風では滑稽ですし
オータムっぽいシャドーの暈かしは
スタイリッシュで 憂いを帯びて お洒落にちがいないのですが。。。

それって、心身元気で 高潮した自前の頬の色と
イキイキした眼差しの時には 都会的で 輝いてみえるスタイルでも
精神的に落ち込んだり 体が辛い状況の時には
なおさら追い討ちをかけて トーンダウンして見せる色だぁーsweat02と、
改めて思いましたwobbly

考えてみると カラーセラピーで、洋服の色やアクセの提案は
今までも積極的にしていましたが、
メイク こと ルージュに関しては 似合うトーンのお伝えはしても
「この色kissmark!」のめったなおすすめはしていませんでしたが・・・

物言う口元に 施すカラーflair

想像以上に 効力を発揮するのでは???( ^ω^ )

とか、このオバサマ方の 甘え上手なピンクの口紅
まじまじ見ながら思った 整骨院通いの日々でした~ (*^-^)

えっ、「ルージュが差せないオトコはどーすればいいか?」ですか?

では、カラーのアンダーシャツとかはいかがですか?
某メーカーの ヒートなんとかのアンダーシャツは
カラーバリエーション豊富で、いろんなピンクのトーンも
ありましたよんnote

  
 

|
|

« ルージュの色 2 ~ピンクな唇~ | トップページ | Dr.パルナサスの鏡 ☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161117/33086347

この記事へのトラックバック一覧です: ルージュの色 3 ~甘え上手な色~:

« ルージュの色 2 ~ピンクな唇~ | トップページ | Dr.パルナサスの鏡 ☆ »