« カウアイ シダの洞窟 | トップページ | Apas~銀の三日月~ vol.4 ハニエル »

カウアイ 島の色  

ポンポン続けて書くつもりが、遅くなりスミマセンsweat01

一つ前のブログは、写真の羅列でしたので
今日は、少し文章での紹介をいたしますね。

今回の行程も、
「ハワイなら、ホノルルだけでなく、カウアイ!!」と、
行ったことすらないにも拘わらず妙な確信、
同行してくださった友人も同じ思いと聞き
ますます胸躍り、実際もその想像を超えるくらいの
圧巻でshinefuji

帰国後その余韻に浸りながら、島の特色や歴史について
紐解いていましたら、面白い記述がありましたので
受け売りですが、ご紹介します。

カウアイ島は、別名「ガーデンアイランド」

ここは、ヤシの木の高さを超える建物は建ててはいけない
ということで、車からの景色も 遮断物がまったくない
名前通り、島全体が大きな野生の庭状態です。

また、タイトルにした通り ハワイのそれぞれの島には
「島の色」があり、カウアイ島の色は
 

鉄分の非常に多い赤土の大地が広がり、
(この土壌の為、コーヒーやサトウキビ、コーンなどしか、
生育に適しておらず、
この金気を嫌って、この島に蛇はいないそうですが・・)

なので、道路も電柱も建物も赤茶

一方、南国の太陽と、水の恩恵(名水の土地だそうですmist)を
目一杯受けたお蔭か、様々な種類のユーカリの巨木
日本では、こじんまりと観葉植物に収まっている
ポトスパキラユッカすら、化けモノ級に巨大で
それらの コニシキ級にデカクて青々とした緑の野生児たちが
その赤土からニョキニョキ ニョキニョキ。。。

そうそう、ここではマンゴーはフツーに庭木で
ほって置いても100個ぐらいはポコポコ宮崎マンゴー級のが
なって、珍しくもないのだそうで、ある意味 贅沢club

最初にこの景色を見過ぎたので、ホノルルの木々たちが
「なんか カウアイのに較べて 元気ないなー(ρ_;) 」と、
思ったくらい

で、その緑と赤土の風景からだと 紫??? なのですが。。。

紫の色の表すところの 神秘的 や アニミズムといった
ところから、島をあらわす色なのでしょうかーーー

確かにワイメア渓谷に立ち断崖絶壁を眼窩に望んだ時には
鳥肌以上、大地のエネルギー熱が足元からどんどん
立ち上ってくる感覚で、「キターーー!」 
思わずカラダが反応しましたが w(゚o゚)w

そーいえば 沖縄の久高島と同じニオイ。。。

ちなみに、マウイ島は”ピンク”で

ハワイ島は””だそうですflair

シダの洞窟入り口の元気な植物と
ワイメア渓谷
ポイプから海を臨む朝焼けの風景

P1000242 P1000243            

P1000249

P1000250 P1000251          P1000252          

                            

|
|

« カウアイ シダの洞窟 | トップページ | Apas~銀の三日月~ vol.4 ハニエル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161117/32249779

この記事へのトラックバック一覧です: カウアイ 島の色  :

« カウアイ シダの洞窟 | トップページ | Apas~銀の三日月~ vol.4 ハニエル »