« ただいま… | トップページ | お笑いの土壌?! »

リアルぼく夏

数年前、ダンナと息子がドップリはまった
ゲーム「ぼくの夏休み」

あの世界観とBGMが郷愁を誘って、
ゲームながらタイムスリップするんですよね

肌の弱い小さい頃は、紫外線と 虫の受難で
おまけに水嫌いにとっての九州の夏は
過酷そのものでしたが

”三つ子の魂”に根付いた原風景は
月日が経つ毎 色濃く 夢にまで出てきて。。。

念願叶って、この夏 しばし 一人ぼくナツ
星空の下 海辺のコンサート・なつかしの線香花火
夜更けに思い出の場所の散策・・・

優しい友たちのおかげで 満喫出来ましたshine

どれだけ年をとっても、子ども心に戻る瞬間があり
どんな景勝地に旅したとしても、
そこでは得られない感覚が
生まれ育った郷里の リアルぼく夏の体感かもしれません。

旅立つ前に、CMを観ながらふと息子が言ったこと。

「”ぼく夏”の懐かしさとほの暗さは、現実と非現実の
境界線がぼやけて描かれてるとこなんだよ。」

そう言えば、方向音痴ではないと日頃自負しながら
今回も気がつくと、夢によく出た神社に行き着いたり
気になっていた場所に引き寄せられたり・・・

あちらとこちらの境界線のぼやけた、
時期もお盆ということでか、なお更 実感の
しばし ぼく夏・・・でした (* ̄ー ̄*)

090815_110042郷里 中津の駅前 

福沢諭吉の出身地ですpencil

090815_112639 顔を横にしてご覧を(笑)

京料理で有名な、鱧wave
実は、ここで水揚げされて
京に上ったんですよup

鱧のおとし 梅肉 和えは
定番ですが、
細かく骨切りした鱧を
カボスポン酢で食す、鱧ちりの上品な風味が
てっちり以上に大好きですheart

…あっ、やはり、シメは食べ物になってしましました~(笑)

|
|

« ただいま… | トップページ | お笑いの土壌?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161117/30978836

この記事へのトラックバック一覧です: リアルぼく夏:

« ただいま… | トップページ | お笑いの土壌?! »