« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

オーラ ふたたび

リンクに貼ってある中野のゆうこさんのサロンを
この度閉められる…と言うのを伺い、
「えぇ~!!!」と、思いながら
(だって、ホントに素敵なサロンだったんですよ)
中野サロン最後のオーラ写真、撮って来ました。

で、今度は何色…と思いきや?!

やはり、私は、ズーッと変わらず
オレンジ・ゴールドsun

友人たちはカラフルに色変わりしてるのに
「ここまで同じ色も珍しい!」
と、ヒーラーでアドバイザーのゆうこさんもビックリなほど
今まで撮った6枚ともほぼ同じカラーcoldsweats01

よほどのオレンジ・ゴールドなんでしょう(笑) 

カラーの意味は、あえて申しませんkissmark
ちなみにカラーセラピーの意味ともちと違います
どーぞ、お好きに想像をwink

それより、注目すべきは、ゆうこさんの思い切りの良さflair

な・なんと、これからはキャンピング・カーで
オーラカメラ・カラーボトルを積んで
出張営業を展開されるそうですheart02
で、今度のカメラは全身写るそうですよscissors

是非ご興味ある方は、ご連絡下さいねhappy01
地方もご相談になれば可能かもです
リンクのオーラ・ハートからアクセス出来ます。

聡明で心に響く解説をして下さるとても素敵な方ですよshine

オーラ・ハート 中野サロンでの最後のオーラ・ショットです

Ora

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

いきなり浄化(;◔ิд◔ิ)

熊本名物に「いきなり団子」というのがあり、
ハフッとかじったら、餡子に包まれた
サツマイモの固まりがいきなりこんにちわする
すごいネーミングの銘菓がありますが…delicious

今回は、いきなりサツマイモでなく
いきなりの浄化な訳で…rain

あぁー、またも訳の分からない書き出しとなりまして
まっ、いつものことと藁ってお許し下さいcatface

ここのとこ、セッションの度、やたらチョコが恋しくて
見えてる分、残らず食べたり
アクセを繋げる度、我が身にご褒美と
スィーツcakeかお酒wineに走った結果
肌荒れとウエスト回りがかなりやばくなり

「どげんかせんとイカン!」と、念じた結果(?!)

突然来ました!気持ち悪くて、なーんにも受け付けない
極めつけの状況 bearing

 ラブ・ストーリーは突然に… なら
かなり おしゃれなのですが、
いきなり吐き気が突然に…?!は、
驚愕以外の何物でもありません coldsweats02

朝仕方なく、息子の弁当まではこさえたものの
その後は水だけスプーンで飲みながら
寝たり起きたり半静養 sleepy

時計の針が翌日を差す頃
よーやくお腹がすいてきて
これって、ラマダン?! moon3
もしかしたら、前世イスラムだったかも
とかボヤケタ頭で想像しながら
具ナシのスープを飲んだ次第 empty

お蔭さまで、一挙に体重減
吹き出物におさらばだったはだったのですが…

もし、もしも、これが浄化なら
ハード過ぎます wobbly

いきなり浄化 typhoon

どーぞ、皆さまお気をつけあれ coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

吉報来たる♡

私自身のことはさて置き
最近、お客さまからも友人からも
ハッピーな話を次々聞く機会があり
我がことのように、とてもうれしく思いますheart04

「なんて脳天気なの?!」とか
「たかが人ごとでしょー。」とか、冷めたこと
言われたりもしますが、
楽しい話や幸せな話は、聞いてるだけで
私も幸せになれて、
その後も体も心もホカホカしてきますspa

お蔭さまで、私の回りは
それぞれ色んな状況を抱えているけれど
みんな素直で前向きな人ばかり happy01

妬み・嫉み・ダンナや子どもをかさにきたり
悲観に明け暮れる人は居ず
良識を持って、これからの自分磨きに一生懸命
素敵な輝きを放ってます shine

「人の不幸は蜜の味…」なんて言いますが
私はあえて反論します

大変な時にはなんとか相談には乗ってあげたいけれど
余程心を強く持たないと、ネガティブな話は
心身共に疲れます。
それをオイシイと思うのは、その方の心を満たす
スタンスが少なからずおかしい気がします

それから自分の持ち物やブレーンの自慢話も
ちょっと疲れます

私が聞いてワクワクする話は
その方が自分の努力で掴み取ったその成果clover
聞かずとも分かるそのガンバリに
心からの拍手の花束ですheart

心躍るワクワクなご連絡、これからも
お待ちしています lovely

ps.”幸せ”報告は、良い意味の連鎖を呼びますーwinkムフッ

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

杜の都発 スペシャルパワー

セッションのお仕事のあった日や
なんとなく疲れる場所や集まりの後は
その日の浄化と血行の循環を兼ねて
塩風呂にのーんびり まったり入るのが
常ですが、
先日仙台出張の折は、塩釜…と思いながらも
笑むさんのサイトの
「入荷しました ヒマラヤ岩塩 shine 」のお言葉に
迷わず ”こっちー ”と、思って
塩釜神社行きは、やめましたcoldsweats01 
(裕気取りの方向でもなかったもので)

で、先日待ちに待った
笑むさん推薦スペシャル・ソルトが

キター!

Ganenn

一番右がバスソルト用「漆黒の宝石」
真ん中・左が食用「紅の岩塩」です

三つ並べると、かつてのキャンディーズ?
今どきのパヒューム??
漆黒…と言いながら私には
ほんのり赤く見えるバスソルトと
紅…二つは、
本当に上品なコーラルピンク
写真では色がお伝え出来ませんが
キラキラひかる珊瑚のような粒々が
お塩なのにオレンジムーンストーンの
サザレみたいな
輝きでドキッとしましたheart02

未来のビジョンの予測が鮮明になるかもmoon3


ちなみにペロッとなめたら
驚くほどまろやか

思わず幸せ気分heart04
(今日はテンプラにつけて食べよぉーっと)

別にコマーシャルでないですが
善いものを独り占め出来ない性質なので wink

ご興味ある方は、リンクの emustyle エコ家事
からお入り下さいnote

杜の都 は仙台の雅号だそうですdiamond

「杜」=「ご神木」「鎮守の森」

浄化に相応しいと改めてclovershine
 

ちなみに、下は、岩塩・ウコン・紫芋…
天然素材配合の体に優しいバスボムでーすspa
思わずスィーツ?!と勘違いするくらいの
可愛さcakeですheart

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

沖縄フォト

よーやく、アップします。

まずは、ココネット サロン兼先生のご自宅フォト

Dsc_011 Dsc_013

Dsc_015

Dsc_028 Dsc_021

Dsc_026

斎場御嶽 サングーイで。
コバルトブルーの綺麗なオーブが写っています。
この場所は居ながら癒される
とても気持ちのいい空間でしたshine

Dsc_065 Dsc_058

         Dsc_063

Dsc_072

Dsc_066

最後は久高島。
神が最初に降り立ったと言われる岬です。
「めがね~黄昏日和」で、
ジャングルを抜けた先に眼下に見えた海の光景mist
思わず手持ちのストーン達を海風に当ててあげました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ローマン❀カモミール

「ささやかな幸せ」を、見つけることに関しては
その道の大家だ
日頃からそう自負してる私ですがbleah

先日もラッキーな遭遇

実は沖縄の山内先生のサロンで頂いた
フレッシュ・カモミールティーの美味しさが忘れられず
帰ってから買い物都度に探してたのですが
なかなかお目にかからず
諦めかけてた矢先

あったぁ~!

それも、なんと、98円!!

願えば叶うもの happy01

早速プランターに植え替え
成長を待つ日々tulip

ただ花だけを摘んで入れるフレッシュティー
実現には、道のり長いですけど…(笑)

晴れて初収穫の際には
セッションにお出ししますので
どーか お楽しみに wink

ちなみにカモミールには、リラックス効果が
あるそうですよclover

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

めがね ~黄昏日和~

のびのびーの、久高島話です… mist
…ん? なのに、なぜ、めがね??eye

まー、そこはそれ、ちょいと焦らずお聞き下さいcat

久高島自体が、時を忘れたような場所ですからwave

久高島は、先日書いた斎場御獄から臨む、
まさしく神の降臨された場所と言われshine
沖縄有史以来崇められた聖地とされてきたそうですが

実は、島に着いてしばらくは、なんだか焦りましたcoldsweats01

だって、ほんとーに、なーんにもない
それも小さい集落を抜けると、田舎育ちの私ですら
おそろしいほど、なーんにもない
あるのは、かなり風化のすすんだコンクリ道路の一本道と
その脇に生い茂る得体のしれないジャングルとclub
それを照らす青い空とspade

ご一緒したmizukiさんと共に、
来る前に思い描いた聖なる地のイメージと
必死に結び付けようとしましたが、
あまりの荒涼感に最初は正直???でしたcoldsweats02

で、実はこのシーズン、連絡船の便数が減るため
4時間滞在を余儀なくされたのですが、
実際、歩きでも周囲1時間で回り終えるほどの大きさの
この恐ろしくナチュラルな地で、一体なにするwobbly
2人同じく苦笑い。。。

ただ考えてみれば、日々煩雑な対人関係と
マスメディアに翻弄され、PCと携帯サイトの情報整理に追われ
気がつけば大半の時間を費やしている諸々からの解放…
そのしがらみのない軽さ…

長年に亘りしみついた日常の慣習とは全く異質な感覚に
しばらく戸惑いながら

変なもの出ないかなー?と、思うと恐さと不安が増すけれど
大丈夫!大丈夫!と声に出すと、安堵に変わる…

その感情がいったり来たりして、どーでもいいかnote
と思えてきた頃、突如視界が開け、
眼下に碧い碧い海 mist

その開放感を全身で感じたとたん、不思議と子どもの頃の
無垢の感覚が甦った気がしました。

「なーんにもしなくていいよねー。」

それからの時間、聖なる瞑想(?!)
いやいや、贅沢なぼんやり時間を
心いくまで満喫 empty

その気持ちの切り替えがスイッチで、
包み込む空気の柔らかさが
変わった感覚を今でも思い出されますpisces

おりしも、今日レンタルで借りてみたDVD
「めがね」が、まさしくその時の感覚flair

劇中で描かれた、「 タ ソ ガ レ ル 」

何も思い煩わない贅沢…


訪問客の小林聡美の役どころの心情が、
あの時の私の感覚とどこか似ていて、
それに舞台の島(映画は与論島)の景色もそっくりで

思わず楽しく見入ってしまいました。

おーっshineまさに”神々のたそがれ”(笑)

人類は前頭葉が発達した分、知識で得た恐怖観念に
囚われ過ぎて、不幸になったそうで…
そしてその機能ばかりが優先された結果
感覚を司る働きが退化するに至ったそうで…

黄昏と聞くと、人生の終焉の残り火のようですが
ピークの頑張りの感覚を感じ取った先の
時としての緩みのひと時では、と思います。
張り切ったあと、ひととき緩み弾みをつける…

久高島で得た体験の、ちょうど答えを貰えたような
素晴しい映画でしたyacht

ご興味あれば是非ご覧下さいheart
ちなみにこの監督は「かもめ食堂」を手がけた方ですwink

080415_130431 * 久高島 神の降り立ったと言われる
  岬です

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

青葉繁れる…

初仙台、行って来ましたclub

もともと出不精だったせいか、
思えば、国内でもまだ行ってないところが
多かったとつくずく…coldsweats01

仙台はいいぞ~と、主人からはよく聞いてましたが、
道路はひろびろ、街もすっきりbuilding

さすが伊達政宗のお膝元
洗練された文化の香りと品の良さで、
住みやすそうだな~と、まず実感 tulip

おかげさまで、仕事も無事終わり、
沢山の出会いとうれしいサプライズの数々に
「あ~、来れてよかった~!」とつくずく感謝の
三日間でしたlovely

kaoさん、その節はいろいろお心遣い頂き
本当にありがとうございました heart
ご主人のお店「RED HOT」の料理、
とーっても美味しかったでーすdelicious
コースターとグラスまで、行き届いたサービス
いつかまたランチのカレー、食べに行きまーすrestaurant

笑むさん・ニィーナさん、願えば叶いますねshine
お目にかかれて、本当にうれしかったですhappy01

でも、不思議ですねー
初対面じゃない感じ
皆さま、キラキラオーラshineで、ますますのご活躍をcrown

最終日のフリータイムは、最初は塩釜神社に
お参りがてら浄化の塩を買いにいくつもりでしたが、
笑むさんのサイトで、
良質のヒマラヤ塩の購入出来るのが分かったので

朝からの好天に誘われてsun
仙台城に行ってみよう!と思い立ち
中心地から山頂まで歩いて登りました
(思った以上の坂道で、ヒール履きではかなりハード)
頑張った甲斐あって、頂上から見渡すロケーションは
最高でした~fuji

政宗公は、城下をこうやって眺めてたのかなー
というくらい、広瀬川はじめ、くっきりxmas

帰りの坂道はさすがにバスに致しました。
坂は帰りの方が、足に来ますからー

…と、ほど近くにかの有名な東北大のキャンパスhotel
工学部=山岳部(?!)と言われるくらいの
お山の中でしたが、すごく神聖で、良い気に包まれた
広大な場所で、感動しましたclover

そう言えば、むかーし読んだ、井上ひさし氏の小説
かつて三高と呼ばれた
『青葉繁れる』の舞台って、ここだったんですよね?
あの軽妙な語り口が大好きで、気に入ってましたが
四半世紀過ぎ、目の当たりに見ながら、
とーっても不思議な気がしましたvirgo

そー言えば、道を尋ねた東北大生らしい学生さんも
親切で爽やかなイケメンくんでしたよheart04

(デジカメ撮影しましたが、アップにアップアップです
スミマセン…おやじギャグsweat01
沖縄に引続き、しばしお待ちをcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »