« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

童 神 ~ワラビガミ~

裕気取りに行くと、吉報が舞い込む…と言いますが、
ちょうど、今回の沖縄の方位はそれに当たっていて
滞在中から、次々お仕事のご依頼を頂いたのは
びっくりでしたshine
それに取り紛れて、更新遅くなり…
言い訳です(汗) スミマセン m(._,)m

今回の話もこの前に引き続きの沖縄話 wave
ただ、久高島の前に、忘れないうちにタイトル話をchick

私の変な習性というか体質のひとつに、
携帯オーディオ機器がなくても、意図せず勝手に
BGMが突如耳元で流れ始める…というのがあるのですが、
滞在中ズーッと流れてたのが、どこか聞き覚えのある
沖縄民謡でした 

ここに来るまで沖縄民謡は取り立てて興味なかったし
ウチナーグチと言われる沖縄独特の方言の歌詞なので
耳元でリフレインしても、口づさむこともなかったのですが
「なんでダ○ワハウス?!」状態で
なんでズーッとこの歌???と、
自分でも不思議で…

帰ってもどうしても気になって、調べてみたら、ありました!
その歌は沖縄民謡の「童神」

すべて繋がった気がしました。

フラックスの山内先生のお宅に祀られた子どもの神さまも、
セイファーウタキでゴツゴツの石畳を飛び石しながら
感じた幼い頃の懐かしい記憶も、
久高島で突如出会った「生童神」さま(?!)も

帰りの飛行機の中でズーッと笑いかけてくる
斜め前のシートでパパに抱っこされた
1歳くらいの愛嬌のいい女の子がいましたvirgo

私が変な顔すると、ヤケに受けてくれるので
飽きもせず、ずーっといろんな変な顔してました(笑)
(普通の移動なら、短時間でも即爆睡が常なのですがsweat01

彼女も童神shineだったのかもwink
ちなみに、笑顔が、あるヒーラーさんにそっくりでしたhappy01

生まれ変わっても変わらず心に持ち続ける穢れない
ピュアな魂を インナーチャイルド と呼びます。
自らのインナーチャイルドの状態を認め、
癒してあげることで、心の安定を得ることが出来
これから先よりよい方向へのサポートをしてくれる
と、言われています。

もし童神=インナーチャイルドなら、
それを肌で気付かせ、癒してもらった旅だったかもですclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

神々の島

九州育ちの私は、近いにも拘わらず
若い頃は、なぜか恐くて行こうとも
思わなかったのが、沖縄  wave

なのに、今回はサラリと行くことが出来たのは、
太陽sunと海mistの気をもつ水稀さんにご一緒頂き、
美しい彼女のミラクルパワーのおかげで
自分でもこだわりが手放せたからかもです lovely

で、目指した地は、「斎場御嶽」と「久高島」 shine
          セイファーウタキ クタカジマ 

沖縄南西部に位置する、かつては男子禁制
ユタ・ノロと言われる、王に仕えた巫女のみが
入ることが許された聖地です。

世界遺産に登録され、今現在は、観光地化され
もちろん男性もOKですが、
未だ手付かずの原生林の中、点在する史跡は
本土の神社・仏閣以上に、
独特の凛とした空気を留めていて
隔絶した空間に思えます。

セイファーウタキは、かなりこじんまりしてますが
若い子でも、杖や手すりに摑まって登るくらいの
かなりゴツゴツで急な傾斜の山道。

ただ、あまり考えずヒール履きで行ったにも拘わらず
難なく登れたのと、前に何回も上り下りしたことがある
気がしたのは不思議な感覚でしたhappy01

それに最初から、ずっと蝶々が先導してくれるんですshine
蝶々ってこんなに人懐っこかったかなー?と思うほどheart

奥の院ともいうべき拝所は、もののけ姫の舞台?!
というくらい、その一面、太古からの時間が止まったような
なんとも表現しがたい空間でした。
平日で人も少ないせいか、そこの一角はスッポリ球体の
ドームの中にいるような守られた場所に思えましたdiamond

中でもそこに居るだけでスゥーっと楽になるのが
三庫理(サングーイ)を抜けたところ。
ここはよくセイファーの象徴として
フォト掲載されてる場所ですが、デジカメでも
綺麗なコバルトブルーのオーブが何枚も写ってて
(ちょっと今時間がないので、またアップしますねmist
本当にヒーリングスポットでした shine

ハブが出てもおかしくないところだそう coldsweats01 と、
後で知り…
蝶々以外は、あまりイキモノに会わなかったのですが
「危害を加えるモノが、出るはずがないnote」の
強気なオバハンの前に、出てくるツワモノは
いなかったのか?!(笑)

いえ、”守られていたheart04”と、ありがたく取っときますhappy01

また暇を見て、第二弾「久高島」行かせていただきますpisces

では~sun

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ただいま

沖縄より、今帰ってまいりましたwave

お伝えしたいこと、やまやま・もりもりですが…shine

これから少しずつ整理しながらお伝えしますね

どーか、お楽しみに…happy01

(あっ、三下り半 ?!) coldsweats01

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

バランス

「心」を「配る」 と書いて

心配という字になります。

自分の心の声を聞き、

溢れるくらいのエネルギーがある時は、

無償の思いやりの心を、

溢れそうな分だけお裾分けして下さい。

心身共にお疲れの時は

どうか無理に心は配らず、

誰かに素直に甘えて下さい。

自分の心の空洞を埋めるため、

誰かを思いやり過ぎるのは

間違った心の配り方です。

人の心は常に振り子のように揺れているもの

だから あまり思いつめずに

揺れに任せてみることも、

悪いことではないと思いますclover

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

シルク ~ 絹の効用

最近、気をつけていても
エネルギーの影響を受けることがある…
と、ある方に何気にお話したら
シルクのモノを身に着けるといいですよぉ~と
教えて下さいました cherryblossom

シルクのパジャマに憧れながら
洗濯、手洗い?大変そう…
と、手が出せず。

そー言えば、タンスのコヤシの長襦袢があった
と、思いながら
風呂上り、それを着てスタスタ歩くも
想像しただけで、妖怪七変化?!(笑)bleah

ようやく程よいピンクで程よい価格の
タンクトップとsports
ついでに踵がツルンとなるという
シルクのサポーターをGETfoot

早速試したところ…

うわぁ~、これいい!!

寝る時身につけたのですが、
起きた時に体が軽いnote

で、昨夜までひび割れで、お正月の餅状態の
踵は、な・なんと!ツルツルshine

教えていただき、
ありがとーございますheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キッチン?!レッスン

東京に来てから10数年来お世話になってる
ダンスの先生はバレエ出身 note

この度「Bodyバランスの為、トウシューズ
履きましょ~ 」のギョッとする指令 coldsweats02

ただしこれは、初回でなく、
前にも1度下った指令で(汗)

以前も書いたかもですが、
私、昔からトウ…は苦手です bearing
なので、「忘れました~」とかいろいろな理由つけ
ダンスシューズで誤魔化してましたが wobbly

終い込んだトウ…をヨッコラショと取り出し
流しをバー代わりにストレッチした後
試しにキッチンで履いてみる… shoe

先生いわく、ポアン・トウ(トウで立つ)には
上半身と下半身のセパレーツの意識を
体に覚えこませ、バランスを保つ
とのことで shine

そう言えば最近私と私の回りでも
「セパレーツ」の意識の必然性を感じてたとこ

爪先立ちは”怖い”と思うのは、
もともと足も強くなくて
足元がグラグラする不安定からの
怖さだったのですが、
ウエストから上は引き締めながら
肩の力を抜いて顔を上にあげ
お腹から下は地面に突き刺すイメージで
筋肉に呼びかけると
意識は高次に保ちながらグランディングも
出来るかなー と、フト思った次第で… flair

なので、密かにチマチマ始めてます wink

狭~いキッチンでこっそりチョコチョコ
秘密のレッスン(笑)

…とかエラそうに言っても、まだ本格トウは
コワイので、そこまでのオススメはしませんが
キッチンの流しは、レッスン・バー代わりには
結構丁度よい高さです。

端っこを持って、真直ぐ立って、お腹とヒップを
引き締めて肩の力を抜き、アゴを引いて
目線の位置を高くして
しばらくその姿勢を意識してみると、
自分の体の声が聞けたりしますclub

「修業」とかの表現は、余程のことでなければ
どうも穿った自己陶酔の極みに聞こえて
ワタシ的には好きでないので、自分で行う時も
オススメする時も、あえて「レッスン」と言っており

なので、このキッチン・レッスン diamond
時間のある時ちょっとトライしてみませんか?

ウエスト引き締めの美味しい効用もありデス heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ミドリのおばさん

最近、やたらスピブームのせいか、
いらっしゃる方から、
「本当は全部見えてるんですよね?」とか、
「分かってることは、隠さず教えて下さい。」とかの
ご質問を時々頂きますが、
そんな野暮で失礼な能力や趣味は
持っていないつもりです coldsweats01

だって、考えてみて下さい。

知らないうちに自分の中に「おじゃましま~す。」
もなくづかづか入って来られたら、
それこそ家宅侵入ではないですか?
考えただけでもお縄ものですし、
もし逆に自分のことを見られたら、
私は憤慨すると思いますbearing

昔から「見えるよね?」とか「分かるよね?」とか
言われて、土地とか見るのを頼まれたりしましたが
その度、頭が痛くなったり、ジンマシンが出たりで、
勘弁してよ…ということばかりでした。
この場所に行くとしんどい、という経験が重なると
どんどん行ける場所が限られてきて
自分でも分からず、恐さばかり先立ってました。
今の図太さからは、きっと想像出来ないでしょうが
(笑)

ただそんな時、出会ったのがカラーセラピーを
通しての、原点となる陰陽五行説。

「陰極まれば、陽となる。」

その教えなら、私のネガに敏感なアンテナも
ポジに向けることが出来る flair

それが私のスタートです。


もし、セッションやワークで、私のお伝えしたことで
なにか心境にヒットすることがあったとしたら、
それは私がその方の心を覗き込んで
探り当てたのでなく、その守られた空間の
意識の共有スペースの中で拾い上げたフレーズに
他なりません。
まして、その真偽を何ら証明するものはないのです。

要は、ご自身が、どうしたいか?どうなりたいか?の
本当の気持ちが、すべてです heart

私は、そこに導く為、カラーやストーンのツールを
使い、自分のピュアでポジなアンテナを張りながら
気持ちの交通整理をしていく
言わば『ミドリのおばさん』です club

奇しくも生まれつきその名前で coldsweats01

なので、「アナタ!こうしないとダメよ!」的な
霊能力とは無縁ですので、そちらを望まれる方は
他を当たって下さい。

で、このようなやり方の私でよろしければ、
お待ちしています clover

ps. お蔭さまで、仙台のダブルリーディングは、
  定員となりましたので、締め切らせていただきますm(._,)m
  ワークは、まだ余裕がございますので
  お待ちしています 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »