« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

フキノトウ

このところ、あることで大魔神に変身~しそうになりましたが
(私、いろんな顔を持ってます…笑)

それを察してか、いつもお助けアートをいただきますcatface

今回はフキノトウ
003

 

その瑞々しいライトグリーンに、
思わずホッclover

はい、それからスーッとクールダウンで、
変身前のハニワに戻りました~coldsweats01
(このオチ、きっと若い人には、分からないー・分かるまい~)

穏やか・安定・協調…の意味を持つこの色は
ドーパミン一挙放出の赤が出切った時は
瞬時に沈静化してくれますよねぇー

緑を眺めてばかりだと、まったりし過ぎて
やる気が起きなかったりですが、
今の私には、まさにジャストフィットheart01

少し冷静に、次の活力に向けてエネルギーを
充電するつもりです。

今さらながら、思えば花の色はどんなに鮮やかでも
葉っぱは、緑club
自ずとバランス取ってるんですかね~

ちなみに、いまだに春になると顔に吹き出もので、
いろんなとこに「芽吹く春」を感じている私です…
( ̄▽ ̄*)。。oO

clover お知らせ clover

4月27日(日)午後
仙台にて、秋月志保さんとコラボワークを企画しております。
詳細内容は、只今検討中にて決まり次第アップする予定です。

4月28日(月)午前
仙台にてリーディングセッションを予定しております。

今の時点でのご質問・ご要望がございましたら
直接メールにてお問い合わせ下さい。

clovercloverclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ステップ☆アップ

すみませぬ…いろんなことが目白押しで
しばらくブログ、ご無沙汰でした sweat01

実は先日、以前から取れたらいいなーと、思ってた
キュービックカラーセラピーのインストラクター資格を
取得出来、ひとりでムフッ heart02

強風の中の強行スケジュールは、先生はじめ
仙台のkaoさんに大変なご負担でしたが、
学生の時よりはるかに集中して吸収出来たのは
風神を呼ぶくらい(笑)の山内先生のミラクルパワーshine
私の知識整理はさて置き、楽しかったです~ (✪ฺД✪ฺ)♥♦

そうそう今週土曜、ココネット主催のカラーフォーラムが
恵比寿で開催されます。当日も入場可能です。

講師に「行動形成法」を確立されケア・カウンセリング
で著名な品川博ニ先生をお迎えし、沖縄で好評だった
フォーラムの東京での再演です。
詳細ご確認はリンクのエイビーカラーズのhpを開かれるか
私に直接お問い合わせ下さい。
当日は、私も受付にいて、お待ちしていますwink

それから、4月の下旬に仙台にワーク&セッションで
伺うことに致しました。
詳細は、近々おってご連絡いたしますhappy01

かつて小田さんの居た森の都cloverで、みなさまに
お会い出来るのを心より楽しみにしていますheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

起承転結

あるテレビ番組の企画で、
若手芸人が4人ずつ二手に分かれて、リレー方式で
短編ミステリーを仕上げる…というの、やってました。

条件は、ある曲を題材に、一人原稿用紙1枚。

コメンテーターからは、ダメ出しもありましたが、
本当に本人たちが書いたのであれば、
結構な出来でしたよ。

こんな授業、国語でやったら面白いな~と、おもわずhappy01

中学の国語で教職を取るため、教育実習にいった時の
内容は説明文。
で、指導要綱の流れはこう…
「まず、段落分けし、小見出しをつけ、全体の流れを把握させ…」

本当は「詩」が教材になるのを密かに願ってたに拘わらず
現実はそうそう甘くなく、よりにもよって、もっとも遊びの無い
お堅いもの。

きっと担当の先生は、まず無難にまとまる安心教材で
無理なく資格をとらせてやろうという親心でもって
与えてくれたのだと思いますが…coldsweats01

ただ、変なところでガンバル癖は昔からで(笑)、
どう興味を持たせるかとか、どうしたらウケるか?!とか
を中心に悩んだ記憶がhappy02

で、授業中、後ろで見てる先生よりも、
生徒の笑いが起こると、その度内心ホッ
今思えば、なんというヤツだったのでしょうね~wink

子どもの活字離れが深刻とか言われてますが、
ひょんなことで、興味って湧くと思うんですよheart02

文章書くことって、身構えると重いけど
手紙とかブログとか遊びでもなんでも
自分でツラツラ書いてると
流れが掴めたり、内容が整理されたり、
自然と起承転結の話の運びが身につくと思います。

もっと上手く書きたいと興味が沸くと、
それなりの本が読みたくなるconfident
作者それぞれの個性があり、癖があり、
だからジャンルに囚われず目に止まった色んな本を紐解いて、
そこから得た知識を栄養にしながら、自分の文を書いていけば
どんな難解な本でも、何が言いたいのか見えてきたりも
するのでは?と。

特に今の子は概ね無難を好むというか
リスクを取りたがらないので、一人で書け~!というのは
やる気を出さなくても、リレーしながら、作品を作る、なら
ある程度の学齢であれば、適度なプレッシャーで
やらなきゃならないという気概が生まれるし、
どんな作品が出来ようが、仕上がったものを発表することで
連帯感と活字への興味が湧くのでないかな~?と
ツラツラ思ったのでしたcatface

今日スペインのお客さまがいらっしゃいました。
日本人以上にキレイな言葉使い、発音にビックリ (✪ฺД✪ฺ)♥♦
でも、彼女いわく「勉強不足で…。」
な・なんと奥ゆかしい
忘れかけた日本の心を見たような。
母国語、大事にしましょう

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スッキリ☆

寒さも手伝って、なかなか疲れが抜けなくて
自己流でストレッチしたりしてましたが、
夏みたいに汗をかくまでいかず

で、さすがに昨日は肩凝りで思考が停止しそうだったので
慌てて予約して、岩盤浴行ってきました catface

以前も書きましたが、阿佐ヶ谷の「東京岩盤浴」オススメです。
着替えまでで90分、ロッカーのカギを返した後、メイクルームや
ティールームは時間制限ありませんので、
ギリギリまで、岩盤…できますし、意外と穴場で
平日昼間は少ないですし、なんといってもサービスで頂く
お茶 チョイスできる上、本当に美味しいんです♡(^□^)

…あまり混んでほしくないので、
      本当はあんまり知られたくないのですが (❀ฺ◕ฺω◕ฺ)

おかげでしっかり汗をかき、体の甲羅が取れたような(笑)
身も心も軽くなり、生還しました~ (かなり大袈裟)

これからの大事なことって、
どう上手く出す・流すか…だと思います。

本で以前話題となった「求めない」も
よりよい生き方のひとつだとは思いますが、
隠遁でもして世間と距離を設けなければ、
なかなかその境地に達するのは難しいのでは…と。

この押し寄せてくる情報過多の世の中で、
不必要なものをデトックスすること。
私にとっても課題です

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

❀ コノハナサクヤ ❀

テンプレートを桜にかえましたので、
今日はそれに因んで、日本神話の話をひとつ 

”まだ、人間が存在しない神代の昔、
コノハナサクヤヒメというそれはそれは、美しいヒメがおり
アマテラスの孫のニニギノミコトはすっかり心を奪われて
しまいました。
早速ヒメの父親の山ノ神オオヤマツミに許しを願いでると
オオヤマツミも大いに慶び、コノハナサクヤヒメと共に
姉のイワナガヒメも貰ってくれるようにと、嫁がせたのでした。

ただし、コノハナサクヤに較べ、容姿の醜いイワナガヒメを
ニニギノミコトは嫌がって、一夜で里に返してしまいました。
それを知った父のオオヤマツミは、たいそう怒り嘆いたのだそうです。

父の思いは”コノハナサクヤは咲き栄える美しい命だけれども
イワナガは岩のように雪や風が吹いてもビクともしない丈夫で
長寿の命、今後子孫が栄えるように、二人を一緒にやったのに…”
でした。

なので、その子孫である人間は病気もすれば老いもする…
というお話です。”

私は物心つく前から童話で読んだこの話がなぜか大好きでした。
コノハナサクヤのたぐい稀な美しさってどんなだろう?と想像したり、
ニニギノミコトの浅はかさを、子ども心に「まったく、もう!」と、
なじったり…
(今思うと、その頃から男性に厳しかったのかも…笑)

ちなみに、コノハナ=この花は「桜」を意味するそうです。
桜の起源も神話では、コノハナサクヤヒメが、
富士山から桜の種を蒔き、それが日本中に広がったと
されています

たしかに人の心を惹きつけて止まない妖艶な美しさも
時が来れば潔く散りゆく儚さも、
このヒメのイメージと桜花のイメージは、
知れば知るほど繋がります。

ただしコノハナサクヤも儚く美しいだけのヒメでなく
実は強い意思を持っていたのがその後の話で分かります。

嫁いで一夜で身ごもったヒメを怪しみ、我が子でないかも…と
訝るミコトに対し、「無事産まれたのなら貴方の子どもです。」と
自ら産屋に火を放ち、その中で3人の男子を出産し、
その後我が身は火の中息絶えたのです。
ちなみにその3人の男子は”火””山””海”をそれぞれ司る皇子
”山彦””海彦”と言われています。

女は弱し、されど母は強し… です (ノ∀`)

神話では、分割してあらわされた女神像ですが、
思えばかくいう女性は、コノハナサクヤの時もイワナガの時も
持ち合わせているのでは?と思います ( ̄▽ ̄*)。。oO

なので、もしこのブログを見た男の方 ☆
貴方の最愛の人がコノハナサクヤからイワナガに変身~したと
しても、変わらず愛して下さいねー (´∀`人)
きっと富と長寿をもたらしますよ
ゆめゆめ邪険にされませんように(笑)

えっ?!逆に邪険にされてるぅ~? 
岩に負けないように、心身鍛えてください(爆)
愛があればダイジョーブです ヾ(´∀`)ノ

息子の受験もおかげさまでサクラ咲きました

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

目覚ましホラー(;◔ิд◔ิ)

ウチの子の目覚まし
「チョッパー」です!
Photo_3 

数年前、息子用に買い
、しばらく愛用してましたが
かなりハイテンションのメロディーと
「おい、起きろよー!遅刻するゾ!!」や
「なんだよ、まだかよ~」とか
「寝るなよ!間に合わないぞ~」とかの
チョッパーの台詞がかなり煩かったらしく、
ヘビー級に寝起きの悪い、娘のところへ
いつの間にかお引越ししてたみたいなのですが…
(なにしろ止めようと無意識に抱え込むのか、
布団に埋没して分からなかったです (PД`q*)

それが昨日、テーブルの上に置かれてて
「どうしたの?」と、娘に聞いたら、
「昨夜、チョー恐かったんだけど (´;ω;`) 」と…

…で、そのチョッパーの目覚ましをセットすると…

聞きなれたはずのアップテンポのテーマソング♪が
ヤケに間延びしたスローテンポ (;◔ิд◔ิ)
で、その後続く、本来なら茶目っ気タップリの
可愛いチョッパーの声のはずが
安岡力也張りの太いドスの効いた声で

「ちゃんと起こすから安心して寝ろ!」

電池が終了間際で、やっとこさ動いた結果みたいですが
深夜その声がシーンと静まった部屋に響いて
かえって恐くて眠れなかったと (゚Д゚)

ちなみに
「おい!起きろよ~。遅刻するぞ!!」も、
スゴイ凄み (^□^:)

朝、その話聞きながら、実際のチョッパーの声に
私自身は、大爆笑 ヾ(´∀`)ノ

これ、いい
どんな爆睡っ子も、起きます!間違いなく (笑)

でも、セットした時のお知らせコールの恐さで
その前に眠れないかも~
( ̄▽ ̄*)。。oO

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

チョコ大好き♡

バレンタインのカウントダウンまで
残すとこあとわずかですが…それ用の壁紙に
チラッとチェンジしてみました (^□^)

ちなみにダンナはチョコは甘いという理由で、
そんなに食べないので、一応渡しても
形だけで、テーブルで開けるやいなや
他の家族の(私を含め)餌食となるのが常ですが、
今年ネットで、まず目に止まったのは、
『森伊蔵入り生チョコ』 

な・な・なんと~、あの幻の焼酎がぁ~
練りこまれた生チョコ!! (✪ฺД✪ฺ)♥♦
娘と私はまず興奮

予約販売のみ!とのことで、問い合わせてみましたが
注文が殺到しバレンタインには間に合わないとのこと…

まっ、考えることは皆同じ…

それはすんなり諦め、アクセのパーツを買いに行く途中
あるデパートのバレンタイン特集の看板を見つけ
ついフラフラ…
とあるコーナーがなんだか行列、 おっ!生チョコの試食!
う・美味い
これ下さい!ってお願いしたら、目の前に
ニコニコ笑う外国人のおじさまがいて、箱にサインしてくれて
「とってもオイシイ!」って言ったら握手してくれました。

なんだか、パリの有名なショコラティエさんだったみたいです。

森伊蔵も捨てがたいけど、フレンチもいいなー。

ショコラティエ・パティシエもいいなー…と、川○なお美の心が
分かったような分からぬような(笑)

それにしても最近、疲れると、
やたら「脳に栄養♡」と、ほぼ毎日チョコ食べてます (PД`q*)
もはや、ニキビと呼べない吹き出物がぁぁ
お酒でなく、チョコの休肝日作らないといけないような…
( ̄▽ ̄*)。。oO

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

良い絵・悪い絵

昨夜、『エジソンの母』というドラマを何気に観てたら
美術教育の権威と言われる先生が
「この子の書いた絵は、明るくてとても子どもらしいから
良い絵。
この子のは、あり得ない色遣いで、煩雑な構図だから
悪い絵…」
と、子ども達の書いた絵を評価するシーンがあり…

ドラマの舞台と登場人物は、公立小学校の1年生なので
今のウチから見れば、「なつかしい…」設定なのですが、
一見あり得ないような、かなり大袈裟なこの感じ、
ドラマで見ると「うそでしょ~!」ってこと、意外とフツーに
あったりするんですよね。

娘が小学生の頃、漫画家になりたいと言い出し
絵画教室を探したことがありました。
当時は下の子も小さかったので、近くで通えるとこ…って

最初聞いたところは、図工の成績が上がると、
結構評判良くて、それに近所ということで、
娘を連れて見に行ったのですが
実際行ってビックリ!

まさにドラマと同じ、空の色は必ず青、太陽は赤、
違う色を使うと「間違ってます!」と、叱る先生でした。

それなら、早道にそっち系の学校…と、
美術系の私立中学の説明会の先生の話も???
「うちに入学されれば、このような絵が皆さん書けるように
なります!」と、話され示される生徒たちの絵画は
複写??というくらい色彩もタッチも一様に同じ。
画一化?没個性の絵…。

そしてようやく辿り着いた先生は、
「絵は上手に書くのでなく、楽しんで書くものですよ♪」
と、歌うように話される朗らかな先生の教室でした。
どんな絵を描いてもすごく褒めてくれる、
で、どうしてその題材を選んだのか、その色彩を
使ったのか、書き終わった後、丁寧に聞いてくれる…
今思えば、それは娘のとっての絵を通したセラピー
だったのかもしれません。
多分、私に言わないことも、先生に話していたかも☆

結局、娘の”漫画家志望”は一過性のもので、
現在はノビタくんやハマジの一筆書きが上手いのみの
ただの人ですが、その時教えて頂いたその先生の
手ほどきは、今でも楽しそうに話します。

「絵には心理が出る。」と、教えてくれたのもその先生。
もしかしたら、私がカラーに携わるきっかけのひとつ
だったのかもです。

確かに、この子、今どんな心の状態かなー?と、
ちょっと不安になったりする色使いの絵に出会うことはあります。
色彩心理をやっていると聞いて、「ウチの子の絵、
ダイジョウブですか?」と、聞かれることもあります。

でも、そんな時は不安がらずに話を聞いてあげるといいんです。
すごく分かり易いサインがそこに出てるんです。

「良い絵」・「悪い絵」
その判断基準は、どこなのでしょうね?

はっきり答えの出る算数の計算以外、
芸術や表現…と、言われるところの捉えどころは
はっきり点数のつけようがない…というのが、本当のところだと
思います。

絵は上手く書くのでなく、のびのび書くもの。
書きながら、ワクワク自分の心を載せて描くもの。
書き終えた作品を見て、なんだかすっきり~そして充実感の
あるもの。

権威ある芸術家の先生から、怒られちゃいそうですけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

元祖?! エディブルフラワー❀

この前の前が「赤い糸」
で、この前が「真っ白」
と来れば、次は「黄色」!

なんでー?って、
歌って下さい チューリップ 

たまに間違えて 赤 青 黄色 と歌う人いますが…(笑)

丁度、次は黄色かな?と、思ったら
すごくタイムリーに、送って頂きました、
 可憐な菜の花のフラワーフォト 

どんなに北風が冷たくても、黄色い菜の花が揺れていると
春が近いな~と、ほのぼのします。

で、菜の花の偉大さは、見るだけでなく食べても美味しいコト!
そう、日本古来の元祖エディブルフラワーです

エディブル…といえば、一時流行り始めの頃、
サラダにして食用パンジーとかベゴニアとか試しましたが…
敢えて、食べなくても…と( ̄▽ ̄*)。。oO
蝶々の気持ちは、ちょっとだけ分かった気はしますがー(笑)

それに較べて菜の花はホッとする美味しさです。

サッと茹でて即席漬けにしたり、お吸い物やお味噌汁に
入れたり、なによりは辛子和え!

味醂を煮きって、辛子と麺つゆをすり鉢で混ぜて
硬めに茹でて一口大に切った菜の花を和えると出来上がり

菜の花の成分は花粉症にも効くのだとか…

私はいつも黄色の蕾の沢山ついたものを選びます。
黄色は、シトリン・太陽に代表されるように
明るいおしゃべりが弾みコミニュケーションを促進させる色

春は、名のみ…で
まだまだ寒い冬枯れに、黄色い光パワー注入しましょう
ヾ(´∀`)ノ

001

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

White ~真っ白~

今日は節分。

厄も節分と共に明ける…と言われ
晴れて本日新たなる年。

その上、ここ東京は今シーズン初めての
雪景色。
屋根に道路にすべてのものを
覆いつくして、真っ白です

神をあらわし、光源をあらわす白のイメージは
「清め」 「始まり」 「やり直し」

”すべての屋根に、雪降り積もる…”
ふと、ある詩の一節が浮かびましたが、
どんなにわだかまったところにも、隔たることなく
一様に雪は降り積もります。

そう、真っ白に…。

雪を払ってその下を見るもよし、
行き詰まった思いをクリアーにするもよし
これから成すべきことに向け、新たに誓いを立てるもよし…

真っ白な節目の日に、
            今の想いを込めて

003_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »