« 多情仏心 | トップページ | サンクチュアリ »

いぶし銀 ~メッセージ~

今度、俳優の小日向文世さんがドラマの主役になると。
彼のシャイで柔らかな雰囲気が大好きなので
思わずワクワク

メインキャストのイケメンも鑑賞対象としては良いのですが
大杉 漣 ・ 長塚京三 ・ 西岡徳馬 …
私はバイプレーヤーと言われるところの、
脇でいながらユーモアとペーソスを併せ持ち
オリジナルな光を纏い、シブい存在感のある
彼らのような役者の方に魅力を感じます

先日1枚のDVDを頂きました。
ビートルズナンバー・フォークソング…
どの曲もかつて一世を風靡したナンバーで
一番多感な時、いつも身近に包んでくれたメロディーで
その時体験した忘れられない出来事を
流れ出す旋律とともに甦らせる音魂で…

それを奏でるプレーヤー達はいわいるプロではありません。
音楽とは違う分野で活躍する各々スペシャリスト
私のかつての同級生。

なので、身贔屓のとこもあります!確かに(笑)

でもね、彼らの歌には、ぞれぞれが時間をかけ培ってきた
程よいツヤと味があるんですよぉ。
これはお世辞でなく(✪ฺД✪ฺ)♥♦

同じDVDに、ジョイントした現役高校生のバンド演奏。
きゃ~かわいい!!
でも、まだまだキミら青いよ♪
もっと修業積んで、オリジナルなテイストを醸し出す
シブいオトコになりなさい

若い頃は、誕生日がくる度老け込むようで、
二十歳過ぎたらジェット・コースターのように年をとる!
と、なんだかやたら焦っていました。

生き急ぐは大袈裟ですが、今しか出来ない(;◔ิд◔ิ)
楽しむ…というより、乗り遅れないように…の方が
気持ち的に優先してて、今思えば何やってたカナ~ですが
まっ、それも若さだったかも (ノ∀`)

その人その人の知性・感性・生き様…が年輪のように
その人のイメージとして、対するひとに印象付けるのでは
と、思う今日この頃。
なので、年令重ねるのもまんざら悪くないと近頃思います。

自分で「年だ。」と、感じた時点から人は老けると言いますが
ホントそうです。

やろうと思えば、年齢なんか関係なくなんでも始められます。
要はキモチ次第

地元で活躍する彼らを遠く離れた私は
残念ながら生観覧したことはないけれど、
文明に感謝 (^□^)/

みんなよい年の重ね方してて、
実年齢より、見た目も確実に若い!!
DVD越しでもステキです

お馴染みのナンバーを通して、
いぶし銀の音魂のメッセージ、みんなの生き様と共に
しっかり伝わってきますよー ♫

|
|

« 多情仏心 | トップページ | サンクチュアリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161117/8911126

この記事へのトラックバック一覧です: いぶし銀 ~メッセージ~:

« 多情仏心 | トップページ | サンクチュアリ »