« デイジー | トップページ | ガメラ !! »

感 ♡ 謝

昨日、梅雨の晴れ間の快晴に誘われ
一足先に {夏越の大祓} の茅の輪くぐりを氏神さまで
やってきました。
ちなみに”なごしのおおはらえ”と読みます☆
正式には1年の丁度半分の区切りにあたる6月30日に
輪をくぐりお祓いをして、罪穢れを払い、これから迎える
暑い夏を健やかに過ごそう、という神事です。
で、身近な諸事はともあれ、気分的にはちょっとスッキリ
なので、ちょっと真面目モードに書きます。

「ありがとう。」  「ごめんなさい。」
先日、ある方とお話しながらどちらの方が言い難いか…という
話題になり、時と場合によるけれど、
較べてみると「ごめんなさい。」の方だと。

確かに来るものに対して素直な気持ちで接していれば
「ありがとう。」は、ごく自然に発するコトバですが、
「ごめんなさい。」は、少なからず自分の非を認め、
相手に許しを請う重さを伴うコトバ…
、様々な状況はおいて言葉のみで捉えると
そんな感じではないでしょうか?

特に、自身を理解して認めて欲しい人に対し、
身近な家族に対し、密度が濃ければ濃いほど
そう言わざるを得ない状況に置かれると
「ごめんなさい、でもね…。」と、
その後延々と続く言い訳に繋ぐ、消え入りそうな
前置き…のコトバになっていることが…
我が身を振り返っても多々ある、と
改めて思います (´_>`)

世の中、それぞれのスタンスやケースがあり
決して一概には言えませんが、
勝った・負けたでないのに、なんだか
卑屈な言い方になったりする時は、
自分のプライドが許さない時・認めたくない状況…
その他自分でも気付かない諸々の何かが
心に引っかかっているのかもしれません。

ちっとも気持ちがこもらない、すかしたゴメンナサイも
同じこと。
取りあえず、この場を収める為の体裁繕いも
きっちり跳ね返ってきます。

まずは自分と対峙して向き合うこと、そして認めるべきは
認め、謝るべきは謝る。
そして大切なのは、その後どう行動するかということ。

ありがとう = 感謝 は、謝ることを感じてあげる。こと?と
字を見て、ふと思い…(金八先生みたいですが(笑))

本当の”ありがとう”を受け取るには、
自分をみつめて偽らない・他に転嫁しない。
「ごめんなさい。」を常に素直な気持ちで言えること。
私にとっても課題です

( ̄▽ ̄*)。。oO

おかげさまで、海の日ワーク午前の部は、定員になりましたので
締め切らせていただきますm( _ _ )m
なお、午後の部は若干の空きがございます。
ご興味おありの方は、ご連絡お待ちいたしております

|
|

« デイジー | トップページ | ガメラ !! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161117/6926409

この記事へのトラックバック一覧です: 感 ♡ 謝:

« デイジー | トップページ | ガメラ !! »