« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

役員改選

先日の区議会の選挙広報紙を、家族で見ながら
久々の大爆笑ネタ!
経歴
おやじ日本会員(なんじゃ?!)
女優(?聞いたことないが…)
は、まだよしとして…

”夢見る乙女座”(?!)

はぁ?(マジャのノリで!)

ちなみにこの方自○党の公認でした(^□^:)
当選されたかどうかは、バカバカし過ぎて
見ませんでした。

変わって、息子の学校の役員決め…
毎年通らねばならない鬼門です。
本部役員は、なんとか逃れたものの
泣く泣くなったメンバーからは
専門部の役員までやらないとは言わせない的
プレッシャーを感じ、不幸てんこ盛りの話を作って
逃げてもな~と、引き受け第1回役員会に出席したら
いつもの見知ったメンバーで、
「ブルータス、お前もか?!」の風情でした(笑)
やれやれ…引き受けたからには、楽しんでやんないとね♪
と、開き直りつつ、次の日から風邪を引き込んでしまい(泣)
フ~…体は正直と。

その様子を傍で見ていた子どもからは
「お母さん、逆に立候補して”私、夢見る乙女座ですから♡”
とか唄うように叫んだら、恐がって誰も薦めなかったかもよ。」
と、言われ、その手もあったか…と☆

まぁ、そうなれば役員は免れても、
ふつーに引かれますからね(爆)
1年ご奉公致します (^□^:)

P.S.
ブレスレットをお待ちの皆さま…
もし、もしこのブログをご覧になってたら
言い訳してもいいですか?

今回はすぐに作れそうです!と
大きなことを言いながら、石の購入に当てていた日から
体調を崩し…
で、本日ようやく回復しましたので、近くご連絡
出来ると存じます  m( _ _ )m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

そぎ落とす美しさ

今朝、何気につけていた某国営放送に
樹木希林さんが出演されていました。

映画『東京タワー』のオカン役として
番宣を兼ねてのようでしたが、
さしてそれを熱っぽく喋るでもなく
どことなく居心地悪そうながら、
とつとつと風雅な表現で語られる
あの独特な存在感が私は好きです。

その中で今日も素敵な教えをもらいました
聞き手のアナウンサーが、
「希林さんは、普段はほとんどお化粧しないと、
伺いましたが?」に答えられた話を私流に要約すると
”若い時はともかく、年をとるにつれ、厚塗りや
無理なごまかしはかえって無様。
どんなに上手に修正しようが、ふとした瞬間にそれが
露呈する。
年ごとに重ねるのでなく、余計なものをそぎ落としていくことで
美しさが作られる…”

確かに…と思いつつ、う~ん、耳が痛い…
塗りたくって帰り道の、電車のガラスに映った自分の顔(恐?!)
表側だけアタフタ誤魔化すでなく、
中身を磨いて、内からの美しさを醸しだせと云うことなのでしょう。

そう言えば、仏様にもランクがあり
下から、菩薩さま・観音さま・如来さまではなかったかと。
仏像を見るとより人間界に近い菩薩さまはネックレスやら
ブレスレットやら装飾をジャラジャラ着けてらっしゃいますが
ランクが上がる毎、装飾がなくなり衣一枚だった気がします。

なかなか各種煩悩から抜け出せず、これが効く!と聞けば
飛びつき、あれがいいよ!と言えば試したくて仕方ない…
覚醒には程遠い常日頃ですが(笑)

座禅の”喝”に近いフレーズとして、留めとこう!と
思った次第です

ここのとこ、いつになく真面目な話なのは、花粉対策の
プチ修行のせいかもデス (-∀-)
きっと花粉一段落と共に、おバカブログに戻ることと…(^□^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

色に触れる

新聞の折込冊子に、妙に「見て見て!」と
言われた気がして、普段はほぼ古新聞ケースに
直行パターンのはずが…
出かける前の慌しい時間に拘わらず
ある記事に釘付けになりました。

《再考 「色の見え方」》
そう題されたコラムの内容は、
”ツバキの葉は緑で、ソメイヨシノの花は淡いピンク…
そんなの当たり前と言われそうだが、
実は遺伝子のタイプや目の疾患で、そう見えない人が
500万人以上いる…”

この記事を目にしたとたん、ドキン、としました。
拙い記憶を辿れば、学校の健康診断で、
いろいろな色の粒が混じった絵文字の書かれた本を
何枚かを指して「なんて数字が書かれてる?」と、聞かれ
何気に答えていた色覚検査。
読めるのが当たり前で、色が見えて当たり前。
今思えば、なんて奢った、偏った考えでしょう。

掲載された写真は通常見る映像と1型2色覚・2型2色覚
と呼ばれる方々の見る映像。
1型・2型とも赤は認識されず、2型は緑も消えその部分が
黄色に見える。
色彩を勉強する中で人の網膜構造の知識は必須。
{色の判別をするのが錐体。}
から始まるRGB3原色の理論展開に、色が欠けるという
論理は見当たりませんでした。

赤の消えた写真。
赤の部分は黒…
ハッと、しました。
カラーセラピーで赤と黒は同じ強さを持ちながら
正反対の意味を持つ色です。
赤を認識しない人にとって、この色を手にとった時
どのように感じるのだろう。
同じ黒でも微妙に違う濃さの違いくらいしか感じられない
私の感覚とは別の、もっと別次元の感性で
捉えることが出来る方々ではないのか?と、
興味本位で不謹慎かもしれませんが、
そう思えてなりません。

ヘレン・ケラーは、見えない目で色を感じることが
出来たそうです。
もしかしたら、彼女オリジナルの色を
見ていたのかもしれません。

この認識の違いはハンディではなく、人それぞれの特性。
色覚の違いを認識しながら、理解しあえる社会を…
そうまとめてしまえば、あまりにもキレイ事に
収まってしまいますが

視覚だけでない、感性すべてで色に触れる癒し☆
そんな想いがムクムク目覚めた今日本日です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

意志あるところに…!

気学は「動の運命学」。
自らの行動により運命を向上させる事ができる…
というのが気に入ったのと、
折りしも、この古来の堅い《気学》という言葉が
似つかわしいキュートでチャーミングな先生との
出会いもあり、基本コースをなんとか終了しました(^□^:)

もともと飲み込みが良くない上、最近はとどまる記憶より
流れていく記憶の方が多い為、次の回に前回習ったはずの
惚けた質問を繰り返し、なんとも迷惑な生徒だったのですが
優しく見守って下さったお蔭で、基本的な知識は得ることが出来、
ブレスの石探しに迷った時には方位取りに役立ててますので、
本当に感謝♡感謝の毎日デス。

若い頃占いという類は興味ない…というか、
「○○しないと、△△なるよ!」という断定的な言われ方が
あまり好きではなくて、視てもらうというのは敢えてしたこと
なかったんです。
運命は自分がどうしようが、すでに決まってて
それを知らないのは自分だけ。
よく当たると言われる人に視てもらって
もしとんでもないことを言われたらどうしよう (´-ω-`)
そんな恐怖観念ばかりが先立って。

今思うと、取り越し苦労はダメ!と散々聞かされながら
次々起こる色んな事態に何時しか自分の思考回路が
最悪のことを考えてたら、それよりマシならちょっとは楽とか
どんな楽しい時でも、こんな時はいつまでも続かないとか
知らず知らずマイナー志向になっていって
で、ついには体調までおかしくなって…

確かに人生よい事ばかりではないし、
浮いたことばかり考えてると、ひょいと足元掬われかねない
物騒な世の中ですが…
でもだからって、いつもいつも見えない恐怖に怯えて
ビクビクするのは、かえって不幸を呼び込むようなものです。

他力本願はお門違いだけど、万事を尽くして天命を待つ。
やるだけやったら、やったことを後々までどうこう悩まない。
間違った~と、思ったらやり直したらいいんだと、
この頃ようやく思えるようになりました。

な~んて、つい偉そうなこと書いてしまいましたが(^□^:)

おっと、かなり脱線しましたが、”運命を自ら動かすことによって
変える”《気学》って、”意志あるところに、道はある”の偉人の
言葉と類しませんか?
 心が変われば …… 人生が変わるンですよ。

ただ、仕事には役立ててはいるんですけど、
もともと自分のことに不精な私は、
プライベートな日常は動いたあとで、あれ~と、
見直すことがほとんどでヽ(A`*)ノ≡
誠に不甲斐ない生徒でごじゃります~(;◔ิд◔ิ) (*・ิ∀・ิ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ザ★スシ詰め 

本当に久しぶりに朝のラッシュを体験し、
自分の体の占める幅の限界というものを
これでもかと実感しました。
この戦いを日々体感してる通勤・通学の方々
あらためてお疲れ様ですと、心から頭が下がるばかり…

時間にすればたかだか20分くらいなのに、
その長いこと。
乗車駅ですでに自分の前方30cm確保がやっとの状態が
一駅停車の度ごとにこれでもかと押し込まれ
3駅目からは、目の前のサラリーマンとくっついた手の指の
骨の太さがわかる程。
5駅目からは、隣の見知らぬおじさんとほぼチークダンス状態…
(もっと若けりゃいいのに♡と、お互い思ったことでしょ(笑))
でもそんな悠長なこと言ってられないどころか、
冗談でなく呼吸が苦しくなるくらいの人工密度(;◔ิд◔ิ)

”ストレスのない社会を目指して”というキャッチコピー
よく目にしますけど、このラッシュ一つをとっても
すごい”ストレス”ですもんね。
でも、もっとコワイのがこの車内の中で
無機質化してる、私を含むスシ詰めの人々。
この異常な空間で、何かのアクシデントが起きたら
どうなるのか…

フッと、そんな怖さが頭をよぎったとたん
ドアが開き、ダムの水が溢れ出すように自分の意思に
関係なく押し出され、気がつけば乗り換え駅でした。

おりしもその日は朝からの豪雨。
携帯の折り畳みでは間がいかず、雫の滴る傘を腕にかけ
ようやくラッシュ解放後、フラフラ階段を数珠繋ぎに登る時、
あろうことかその傘の先が前を行く強面のにいさん風の
靴のかかとに当たり…ェェェェ(*ΦДΦ*)ェェェ
うぁぁぁ~さっき、アクシデントとか思ったからダ(泣)
きっと「ナニやってんだぁ~!!」と怒鳴られる…と、
身を縮めた瞬間、
「大丈夫ですか?」と、見た目と裏腹に紳士的なにーさん!!
朝の殺伐とした中、ほんとにホントに救われた思いでした
こちらこそ、不意に後ろから傘の先を当ててしまい
なんてお詫びしていいかm( _ _ )m

でも、貴方の爽やかな一言に、この憂鬱な雨の朝も
殺人的ラッシュのしんどさも吹き飛びましたよ(^□^)
いなせな神様 地下鉄の健さん

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »