« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

パズル合わせ

韓流ブームの火付け役となった《冬ソナ》が
某民放で再放送されています。

パチンコ台のCMまで流れた日には、
「もう、おなか一杯…。」と思いながら
あのテーマソングがTVから聞こえると
つい観始める…そんな方も結構いらっしゃるのでは
と、我が身を正当化する今日この頃 (PД`q*)

音楽はもとより、折々のグッズがキーワードとして
ストーリーの盛り上がりに欠くことの出来ない
役わりを果たしていますが、
私にとって印象深かったのが”ジグゾーパズル”

制作途中のフレームから零れ落ちた1ピースが、
高校時代の回想シーンから一転した10年後の
主人公本人達はまだ気付かない再会に向け
新たな展開のプロローグの役を見事に果たしています。

パズルの所有者ミニョン(=チュンサン)は、
何事にも論理的に取り組む緻密な頭脳の持ち主。
実は消し去られ、自分でも気付かずにいた
過去の記憶がポロリと外れた1ピース。
それを偶然通りかかった昔の恋人ユジンが手に取り
未完成のパズルにはめ込みます。

童話《雪の女王》で、記憶を無くした少年カイを探す
少女ゲルダは、ようやく辿り着いた雪の女王の宮殿で、
氷のパズルをしているカイの姿を見つけ、
彼の記憶を取り戻す…という話がバックボーンかと
思いつつ、逆に《冬ソナ》のパズルで、カイの試みていた
氷のパズルは、実は彼自身の無くした記憶の手繰り寄せ
…を改めて分からせてくれたような
見事に心憎い演出でした。

長いこと生きていると、記憶喪失にならないまでも
自分でも気つかぬ内に零れ落ちた幾つもの思い出
沢山あることと

自分だけでは、どうしようもなくても
1ピース拾い上げてそっと入れてもらったら
新しい発見あるかもしれません。
昔の仲間に久々会うのも、いいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

認めること・許すこと

日常生活を普段通り普通に送っていても、
ふとした拍子・ちょっとした出来事に、
これは…と思う信号やメッセージを感じること
ありませんか?

決して、あの世からとか宇宙からとかの
超常現象的摩訶不思議な(?!)通信でなく(笑)
自ら発した言葉や行動が、実は今の自身に対する
的確なメッセージだった…ということ。

もったいぶった抽象的な切り出しでごめんなさい。
たぶんこれから書く内容は、ほとんど”夜の手紙”に
近い、現実味と逆行するフワフワ浮いたものに
なることと…後になり読み返すと、どうした?!と
笑い出しそうですが☆

今、カラーやストーンのセラピーを通して
クライアントの方に何気に伝えていたことが
ふと思い返すと{認めること}と{許すこと}

この二言のフレーズだけだとあまりに漠然と
していて、捉えどころもないのですが…

自分の口を通してお伝えしながら、
これは、今の私に対しても通じるものと。

”人に優しく”は、巷で溢れ標語化した言葉ですが
お年寄りに席を譲る・妊婦の方の荷物を持ってあげる
…その場限り、通りすがりのちょっとした行動までは、
気さえ遣えば容易でも、
いつも関わる親密な人間関係には、ダイレクトに
結びつけるには、言葉のみ浮いてしまう…と
何気に感じていたそれまでの自分でした。

{認めること}{許すこと}
極論、相手にのみ向けると、自制的
自分のみに向ければ、自己中心的
でも様々な場面で、この二つを
自分と相手とにバランスをとりながら向けていけたら
心の底から優しくなれると。

自分の本心を認める・相手の気持ちも認める
相手の行動を許す・思い通りに行かない時の自分
自身も時に許して開放する…

頭では理解出来ても、心のふり幅は時として揺れ動き
ですから、人との出会いを通して
今の自分に気付かせてくれた…
つくずく思います。

いつになく神妙なブログでm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

○○似のエンジェル?!

今日、買い物ついでに少し時間もあったので、
パステル系の明るいギフトショップが目に留まり
思わずフラッと店内に…

すると、まるで私を待っていたかのように
(どこまでも自己中…)
天使のレリーフの白い小物入れ

うつ伏せ気味で、転寝状態の愛くるしい寝顔と
ぷっくりしたオシリが産まれたての赤ちゃんのみたいで
なんともたまらなくカワユイ (✪ฺД✪ฺ)♥♦

この子は連れて帰らねば!と、ちょっと間違うと
アブナイ想いに駆られながら
でも給料前だし…と、躊躇しながら値段を見ると
なんとも財布にやさしいお値段

ちょうど石のパーツを休ませる蓋付きの容器を
この前から探してたし、
思わず「この子頂きます…ではなく、これ買います。」
と、ゲットした次第です。

で、早速包みから出してまじまじ眺めてみると…
あれ?誰かに似てる?!
誰?知り合い??

あっ…… このおでこのでっぱり具合と鼻のとこ、
雨上がり決死隊の宮迫 (;◔ิд◔ิ)

宮迫似のエンジェル
これも日頃お世話になってる”笑い”の神のご加護
かな?(笑)

どーか皆さまにも、神のご加護がありますように

Cid_a0001_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

オーラの…

タイトル”オーラの泉”のパクリではありません。

初画像、左が半年前・右がつい最近の私のオーラ写真です
ご興味ある方は、知人の中野のスタジオで撮れます。

両手を電極?!のようなモノに置き、大きく深呼吸して
はいカシャ! ってレントゲンみたいにやらなくても、
多少ビリッと来るだけで(ウソ・まったく感じません)
普通に撮れます (^□^)

どう思われるかは別にして、以前ブログに書いた
通り、ベースの色は多少残っても手相みたいに
変化してます。

で、その人その人で色は様々で、
一緒に行った方々ともまったく違ってました。

一年前のは、(トライしたのですが掲載出来ず
説明だけですが)オレンジ・赤が┣¨わー((*`Д´)ノ
という感じで、姿がうっすらとしか見えず、
半年前はボディーの中心がピンクラベンダーで、
未来の位置にゴールド、
最近はゴールドが目一杯出てて、ハートと未来に
ブルー・グリーンが出てるのですが、
どうも私のベースは、オレンジとかの暖色系みたいです。
(他のカラーは青・紫・赤紫・黄・緑・白・シルバーと
虹色プラス金・銀という感じです)

ちなみに、オーラ治療をされている方いわく
江原さんたちのネームバリューとともに、
《オーラ》という言葉が頻繁に使われるようになったのだけど
元々はその治療の創始者の方が商標登録された
ロゴらしいのですけどね…
私もちらっと聞いただけなので真偽の程は分りませんが
オーラ=人それぞれが放つ”気” の色のようなモノかな?

これを見て”あ、怪しぃ~?!”と、思われた方、
どうぞ、ご安心を。
決して、壺とか印鑑売りつけませんから (笑)

わたし的には、ようやく初フォト掲載出来、
とりあえず、ホッ(σ・∀・)σ

01lCid_a0001

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

過ぎたるは…

就活の娘にPCを占拠され…
今は説明会のエントリーまでネットから登録なのですね。
便利になったのか不便になったのかよく分からないですが。
アナログ人間の私は、自分の時じゃなくてよかった…と☆

今日スーパーに買い物に行った時、
レジを打つ若い女の子の両手首に目をやった瞬間、
思わず、おぉ~!!(;◔ิд◔ิ)
左手に8mm~10mm玉のパワストーンーブレスを4本。
右手には何かロゴらしいプリントだか刺繍の入った
ミサンガ状のものが2本…
ミサンガのようなものの意味合いは、ちょっと疎く分からない
のですが、パワーストーンは私の知りうる知識で
ざっと見た限り、アメジスト・ラピス・タイガーアイ
・クリスタル…とパワー的にも相性を選ぶ強力な石の上に
修験者の念珠のような厳ついモノ?!
女の子の華奢な手にはいかにも重そうで、
何か願いをかけているであろう彼女には大変失礼ながら、
逆にがんじがらめになっているように見えてしまいました。

私自身、宝石には昔からあんまり興味はないので、
”ティファニーで朝食”をやろうとは思わないのですが(笑)
キレイな石は好きで、見るからに明るく、雰囲気のいい
ストーンショップに行くだけで気分が良くなりますし、
メンタルな仕事柄、自分の気を安定させる為
その時々に合わせたブレスレットは着けたりします。

ただ、元々装飾は苦手なので、家に帰るとすぐ外す、
私の中ではONとOFFの切り替えアイテムのような
役割のモノなので、余計なおばさん根性で、
ついつい「ねえねえあなた、それはちょっと…。」と、
言いたくなってしまうのかもしれません(反省)

ただ余計ついでに言ってしまうと、
今の子達って(うちの子を含む)、産まれた時から
なんでもあって当たり前だから、願い事も悪気なく
《ドラえもんのポケット探し》みたいなところってないですか?

望みは叶えたい、でも苦労はしたくない。

確かに人間、本心は誰でもそう。
誰だって要らぬ苦労などせず、楽しく暮らしたい

ただ当たり前にネットですべて情報が引き出せて、
労せずにことが運んで、少し躓くと他力本願の神頼み。

きっと発展と繁栄が産んだ歪みなのでしょうが、
だからこそ自分を見失わず、自分自身の本質を見極めて
着実に歩んでいくことが、今の子どもたちに架せられた
課題かもしれませんね。そう思うと、なんだか気の毒に
なってしまいます。

過ぎたるは及ばざるがごとし

色んな価値観が容認される現代、この見極めは
昔に較べとても難しくなった気がします(´-ω-`)


| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

祝 ★ 成人

天気が危ぶまれましたが、本日は晴天☀ฺ
晴れ着で迎える成人式にはなによりでした。

一年あっという間で、昨年は我が娘だったのですが、
着物選びから着付け&写真…と、日頃ステージママには
まったく程遠い私も、娘に急かされるままなんとか
段取りをつけ無事当日を迎え、肩の荷を降ろした次第で。

で、帰ってきて娘が話すには、とってもいい式だったと。
区主催の式は2部構成になってて、
1部はよくあるお偉いさんの祝辞うんぬん…で、
そこまではお決まりの祝典モードだったそうなのですが…

2部はかなりフランクな感じで司会というか仕切りが
ブラザートム。
トムさんには申し訳ないけど、もっとパッとした人が
いいな~と、案内の葉書見ながら言ってたんですけどね。
例年トムさんにお願いしているのか、開口一番が
「今年の子達は行儀がいいな~!すこし前に較べると
すごくおとなしいな~。」
だったそうで、バンドをしたがえ何曲か歌った後で、
「誰かこの中で”自分はなんかやれる!っていう
覇気のあるやつはいね~のか?」って、
ステージから客席に向け振ったそうなんです。
で、幾度か呼びかけた時、”やります!”と、
手を上げた男の子がいて
「僕はダンスフェスで受賞しました。
これからもっとガンバって行きたい!」と叫んで、
会場からの割れんばかりの応援の歓声の中、
ステージに上がり即興でポップダンスを披露して、
会場が一体となって盛上がり、
本当に素敵なサプライズだったと…☆

それも、場の感じやステージでのバンドとの曲の合わせとかの
雰囲気から、ヤラセではなかったらしく、トムさんの盛り上げの
お蔭でサプライズ付きハートフルな式を一員として体感でき
彼女にとっては思い出深い成人式となったみたいです♡
その後、区のケーブルテレビで中継されるかな?と、
見てたんですが、出ない…というのは、やはりサプライズ
だったのでしょう。

《荒れる成人式》の映像が、翌日のワイドショーで
よく取りざたされますけど、行政の作り物でない、
こんないい風景も流して欲しいな~と。
”今時の若い者は…”という年配者のボヤキは
古代からのことらしいので、ちょっと発想を変えて、
自分たちで何かやらせるのもいいかもしれませんよね。
すべてお膳立てして、さあ会場に来て下さいだと、
なんかやってやろうになるけど、自分たちの責任で
何かやれ!なら少しは考えるのでは?と、
思ってしまうのは現実を見ない甘い意見でしょうか…

実は私は自分の成人式には出てないんです。
確か後期試験の最中で、着物の代わりに半纏にジャージで
京都の寮で過ごしてて…今頃になり、娘達をうらやましいと
思う本日☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ご馳走

今日は初ゴミの日だったので
早朝に、すっぴん&ジャージで慌てて玄関を出たところ
両隣のご主人に年初のご挨拶を戴き
穴があったら入りたい(汗)…と思いつつ
いつもながら普通の日常にほぼ戻った年明け4日です。

たった一日、日が変わるだけですが
どんなに忙しくても大晦日までに全ての支度を終え
新たな年を迎える、えも云えぬ緊張感が好きで
それに備えて心ばかりの準備をするのが常ですが、
ひとつウンザリなのは、めでたいにかこつけて
朝から引きも切らずのお笑い番組の数々。
めでたいを通り越し、頭の中までおめでたい…
さすがのお笑い好きの私もこの時ばかりは、
テレビはほぼお休みです。

そんな中、家族で盛り上がった番組がありました。
たまたまつけた番組で”芸能人格付け…”というタイトルの
食物・楽器・映像・ファッション…各ジャンル毎
最高級品と普通の品の違いを当てるバラエティーもので、
特に食べ物は目隠しをして一口ごとに食べ較べ、
いろいろ薀蓄を語らせていざそれが当たってるかどうか
という趣旨のもので、「僕の舌に間違いはない!」と
自信満々の俳優が間違えたりすると、あれ?グルメを
気取ってるけど案外大したもの食べてないのかな~と、
あまり趣味のよくないノリながら、妙にうけたり…

でも思えば食べモノの記憶は、味は第一の要素だとしても
その時の雰囲気であったり、心持だったり、体調だったり
あと、”これは○○産 最高級品!”と、フレコミもお値段も
びっくりのレーベルだったり、
それがひっくるめられた中でなりたってるものかもしれません。

たとえばよく言われるのは、食事中に夫婦喧嘩をすると
その時の献立を子どもは嫌いになる確立が高いそうですし、
大好きな人と楽しく食べた食事は至福の味でしょう♡
ちなみにウチの夫は、小さい頃招かれた
あこがれの女の子の誕生会で出された暖かいプリン?!
が、忘れられない味らしく
(蒸した後、冷ましきらずに出したんだ~、きっと)
と、嘯く妻の冷ややかな意見などもろともせず、
究極の幻のプリンとして彼の中で
今でも生きずいているようです(笑)

中には、北大路魯山人のように確かな味覚を持った人も
いらっしゃるでしょうから、”味は雰囲気”とは
一概には言えないのですが、
大間のマグロや天然伊勢海老…なんて、普段なかなか
手を出せない一般人としては、せめて食事の時は
和やかな気持ちを旨味エッセンスとして
ニコニコしながら食べたいな~と思います♡

そうそう、《ご馳走》の語源は方々走り回って材料を集める
から来ているのだそうで、それだけで語れば、
毎日自転車で走り回りながら材料を集めてる…
これは、味はともかくご馳走だ~!!と、
今年も年明け早々脳天気な私です☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

∞ ~ 循環

今年もめでたく明けました (^□^)
…毎年ながら慌しく、大掃除・おせちを作り終え、
気がつくと除夜の鐘☆
なんだか年毎にそのスパンが短くなってくるように
思えます。

去年も目くるめく一年でしたが、
今年はどんな年でしょう?

数秘学の資格を持つ方に、
8は横にすると ∞ (無限大) 
循環を意味すると教えてもらいました。

もともと8の数字は好きなのですが
その意味を聞いてなお一層興味を持ち

今年は、
塞がず・滞らず・ネガな思いに固執せず
風のように・水のようにサラサラと
心も体も循環させていこう!と、
思います。

年の初めなので、柄にもなく真面目な私
(初笑い!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »