« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

中島みゆき☆さま

勉強するのに音がないのも淋しいと、
先日の”つま恋…”のVTRをつけたのが
そもそもの間違い、すっかりそっちの方に
気持ちが乗り変わってしまいました

で、なんと拓郎のゲストに中島みゆき
暗かろうが強かろうが、彼女の作る曲すべて
魂を揺さぶられ大好きです。
この日は拓郎の曲でしたが、白いシャツにGパンの
スリムな姿は、全然年を感じさせないどころか
神々しいくらいのオーラ
まさしく”歌姫ここにあり。”です。

そう言えば、下北沢に住んでいた友人に以前聞いた話ですが、
中島みゆきの自宅前に、いつも一人の青年がバラを一輪
携えて佇んでいて、お出かけの時にそっと渡して去っていくという…
それを聞いたのは、かれこれ10年程前なので、
中年になった彼が続けてるかどうかは、不明ですが
今どき普通に考えるとソフトストーカーみたいですが、
こと対象が、中島みゆきだと、それも閑静な遊歩道に
佇む青年の姿を想像すると、私にはちょっとしたメルヘンに
思えたものです。

再開されたドクターコトーの主題歌もいいですが、
TOKIOの”宙船”も大好きです
息子が口ずさんでいるメロディーラインに
思わずアンテナがピピッとたって、
その曲誰が作った?と調べたら、
やっぱり、中島みゆきでした

やれやれ、こんなことでは、ちっとも先に進みません。
ヨボヨボ…
♬そ~の船を漕いでゆけ~ お~まえの手で漕いでゆけ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

Let‘s study !

夏休み、問題集をざっとやり終え、
覚えた覚えた!と、都合よく思い込み、
それからフラフラ違うことにうつつを抜かし、
気が付けば本番まで、あと2週間!!

で、改めて今日再び問題集を開いたら…
や、やばい……
覚えたはずの知識が揃いも揃って皆さんお出かけに?!
落っこちると恥ずかしいので詳細はお許しを☆
ただ今、慌ててお出かけになってしまった用語の数々に
帰ってこ~いよ♪と、呼びかけ始めたところです。(汗)

常日頃、わが子たちには「勉強しなさいよ~!」
と、声高に言いつつ、我が身に降りかかると、
自分で志したと思いながらも、あぁ~嫌!と、
すごいプレッシャー(☼ Д ☼) !!
まったくげんきんなものだと、つくずく思います(苦笑)

ペーパー記述の合否判定も数年ぶりな上、
会場も某大学というので、久々模擬入試体験?!
昔は結構記憶力よかったのにな~とぼやきながら
で、昔のことはよく覚えてるのに最近のことはすぐ忘れるって、
アルツハイマーの初期症状かなぁ
(ボケたうちの祖母も生前そうだったような…)
それは体のいい言い訳ですが、どうしてこうも
物覚えが悪くなったんでしょうかねぇ~

バカのことばかり書いてないで
ダメもとで、なんとか頑張ろうと思います。
(脳の活性化も兼ねて…)
《 必勝 》のハチマキでも締めて(笑)
言霊ではないけど、決意表明しとかないとめげそうになる
脆弱な精神構造の私です。
今度のテストの時には、もうちょっと子どもにやさしくなろう。

今日のブログは、”あがき”でごめんなさいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

舞姫

自分で踊るのも好きですが、音楽に乗って舞う
ダンス的要素の入ったものは、どれも興味があり
バレエ・ダンスのみならず、シンクロ・新体操に至るまで、
ついつい見入ってしまいます。

氷の妖精・フィギア―スケート
今日のグランプリ・シリーズはドラマのようでした。

浅田真央、まさかのジャンプミス。それも2回も。
彗星のように登場し、数々の記録を塗り替え
向かうところ敵なしにみえたウルトラ・プリンセス。
彼女も人の子…と思いつつ、
これから成長とともに幾つもの壁に立ち向かって
いくのだろうか、と思うと、そっと見守ってあげたい
母のような気持ちになります。

一方の安藤美姫、今日の演技は見違えるようでしたね
これまでのスランプの連続、大舞台での痛恨のミス…
悩みに悩み引退まで考えた後の、見事な復活。
まるで荒れ果てた焦土の灰の中から羽ばたいた
フェニックス(不死鳥)のような存在感がありました。

思春期の少女と、悩み多き少女の時を経て
花開いた女性
成長の縮図を垣間見た思いでした。

それにしても人間の身体能力の限界は
一体どこ迄行くのでしょう?
難易度高い技の記録は次々塗り替えられ、
もしかしたら近い将来、ドーピングに替わって、
サイボーグかどうかの検査が実施されるのでは
と、思ってしまうのですが…

私的には、銀盤の彼女たちは、
歌うように舞う、優雅なプリンセスでいて欲しい。
かつてのカタリーナ・ビットやミッシェル・クワンのように

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

風使いの弟子

常日頃、よほどのことがない限り、移動手段は自転車。
「え!持ってないの?!意外!」アクティブに見えるらしい私に、
知り合いは皆驚きますが、私、車の免許持ってません。
取らないと頑なに頑張ってた訳でなく、何度も申し込みまで
いくのですが、なぜか仕事の都合とか子どもが出来たりとかで
予定がポシャリ、きっとこれは今とるな!ということか、と
妙な納得をして今に至ってます

てなことはさておいて、病気でもないのになんだか体が重いとか、
背中のあたりがさわさわするとか、マイナーな感覚があると
予定が許す限り、私はチャリで風を切って走ります

出来るだけ大通りは避け、明るい雰囲気のいい街並みを…
そう、びゅんびゅんって、風を起こすくらいの速度で。

この度それを話したら、
「風神さまに浄化してもらってるみたいで、いいですね!」と、
ウケ半分、褒めていただき、いい気になってる私です

”風使い” そのフレーズが急に浮かんできて…
これって、ナウシカで使われてましたよね?
色々な意味合いがあるみたいで、
呪術師みたいなオドロオドロしいものはご勘弁ですが、
風の精霊に助けてもらう術を知っている。
そんな風に私はとりたいです

夏は暑すぎて、冬は寒すぎて、
春風も突風で意外とじゃじゃ馬。
冬場に向かう前の、この時期の風が一番好きです。

私みたいに《チャリで全力疾走》は、
体力に自信のある、自虐的(笑)な人にしかお薦めしませんが、
ちょっと凹みそうになったら、窓を開けて風を感じてみて下さい。
それを肌身で感じたら、新たな気持ちに切り替われるはず。

野山で人差し指にツバをつけて
風の流れを読んだ記憶あるでしょう?
昔はみんな風使いの弟子だったのですから

PS.ぺリドット淡い黄緑のストーンです。
 風の気を持ち、人間関係にいい運気をもたらすと言われています。
 すごくお疲れの時は、ショップに立ち寄って、手にかざすだけでも
 癒されますよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ミラクル ボーイ☆

阪神時代や渡米の時は、あまり好きじゃなかったんです。
派手好きで、目立ちたがり屋で…

でも、今日はほんとに魅せてくれました
日本ハムファイターズ 新庄 剛志

移籍後三年で、こんなにチームと地元北海道を巻き込んで、
これも彼のパワーのなせる技
つくずく” ツキを呼ぶ男 ”です。

今日は違う話を書こうと思ったのですけど…
新庄のポジティブエネルギーに圧倒されてしまいました。
今日の試合も勝敗は最初から分かるくらい選手も輝いてましたね。
(中日ファンの方、ごめんなさい。)
気が人を動かす…良い気のときも、悪い気の時もありますが、
今日は日ハムにとって、最高に良い気!
まさしく新庄のミラクルエネルギーと、
チームとファンの想いが合わさって醸し出されたパワーでしょう。

明るいパワーは、勝利の女神のお気に入り
あの白すぎる歯は、ちょっと…ですけどね!
(パクリ、お許しをm( _ _ )m)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

みのむし

異常寒波のせいで、秋なのにこの寒さ。
冷たい雨は昨日からやむ気配ないし、
心待ちの紅葉は、この雨風で赤くなる前に枯れるのでは、
と気がかりになりつつ…

今日はオフなので、サッサカ家のことを終わらせて、
PCに向かったのですが、動いてないと、さ・さむい!
どんなに寒くても、季節はまだ秋なのだし、
一人なのに暖房入れるのは…と、
結局押入れから毛布を取り出し、体育座りの格好で
頭からグルグル巻きにして、防寒対策OK!と、
あいなった次第なのですが、

まさしく、みのむし
(ベージュの毛布なので、カフカのいもむし?!)
「とうのたったニートみたい(。☉_☉)」と、我ながら思いつつ
結構 ”包まれている” 感覚を楽しんでいた私です。

小さい頃、カーテンにグルグル巻きになったり、
何重にも重ねた布団に潜り込んで遊んだ経験ありませんか?
柔らかさだったり、暖かさだったりがすごく安心で安全に思えたこと。

暑い時にはちっとも思わないのに、ちょっと寒くなったりすると
人恋しくて、人と関わっていたくなる…
みのむしは自分の殻に閉じこもっているけど、
欲しいものは、ふんわり暖かな関わり。
そんなことを想う私は、かなりムシのいい”みのむし”…と、
思いつつ、ウォームライトの灯りが愛しい今日この頃です

寒くなり始めは、ピンクソルトを湯船に入れるといいですよ
ローズクオーツのような優しい色と岩塩効果で
冷えた体を温めてくれます

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

爽 風

また、間が空いてしまってごめんなさい
一泊二日のとんぼ返りで、故郷九州に帰ってました。
と、言っても今は実家もなく、13年振りの帰省。
今まで一度も出たことがなかった同窓会の通知に、
迷いに迷い、ようやく思い立った…という次第です。

故郷は遠くにありて…と、日頃諦めモードで想いながら、
実際空港に降り立ち、会場に向かう車窓の風景が、
どんどん見覚えある景色になるにつれ、
心はすっかりセピア色の昔に帰り、気持ちはいつしか高校生
それを察してくれた同行の友人は、
卒業以来行ったことのなかった出身校に寄り道してくれました。

で、恐る恐るくぐった校門から見渡した28年ぶりの校舎は、
体育館に少しだけ面影が残るのみで、
あとは立て替えられ(それはそうですよね)モダンな外観。
これも時の流れ…と、言い聞かせつつ、
ちょっとだけ、寂しさを感じそうになった時…

グランドから「こんにちは!」の、爽やかで大きな挨拶の声
見るとグランド整備の野球部が一斉にこちらに向かって
頭を下げてる姿。
思わず誰か偉い人でも来たの?と、一瞬たじろぎ
キョロキョロ後ろを振り返って見ちゃいました。
だって、その時の私たちの姿ときたら、
スタッフの役目柄、上下黒ずくめの黒子のようなスタイル。
面識もなく不審者と思われこそすれ、
訪問者にはとても程遠い風体だったのですから(笑)

でも、他に誰も人影はなく、紛れもなく怪しげな私たちに
スポーツマンらしく姿勢を正して、
誰言うともなく全員がおじぎをしてくれるのです。
”礼に始まり礼に終わる”とは、聞きなれたフレーズですが、
この光景を目のあたりにした私は、
思わず涙が出そうになりました。

ちょっと注目されるとマスコミがこぞって取り上げ、
かの”ハンカチ○○”のように、
ピンポイントブームがにわかに巻き起こりますが、
輝いてる子達はここにもいます!

きっとこの子達の自然で爽やかな応対は、
学校と、それを支える地域の基盤に
育まれた心の表れだと思います。

百の説明より、一つの所作がすべてを物語ることがあります。
私は、この母校を誇りに思います。

追伸 ; 

 同窓会地元プロジェクトの皆さん、もし見ててくれたら
 本当にお疲れさまでした
 みなさんのことは、書いてしまうと(:_;)(:_;)きて、
 今度会う時恥ずかしいので、野球部に託して書きました。
 この爽やかさそのものが、
 地元で支えてくれてるみなさんが変わることなく培って
 繋げて下さった心だと改めて実感します。
 (いつになく、柄にもなくクサイブログでごめんなさい。)

    

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

万葉~MANYOU

ブログの環境メンテナンスでログイン出来ず、
お久です
途中書きたいことは山ほどあったのですが、
幸か不幸かすっかり忘れてしまいました…
(復旧に際し、PCオンチの私の初歩的な問い合わせに
親切にお教え下さった方々、本当にありがとうございました)
m(_ _)m

昨日、用で代官山に行った帰り道、ある建物の入り口に
《万葉 里中満知子展》と掲げた看板が目に飛び込んできて、
その上”無料”というので、同行した友人と吸い込まれるように
その展示会におじゃましてきました。

里中満知子といえば、{ 明日輝く }・{ アリエスの乙女 }
くらい迄の記憶しかなく(それもかなり以前)、
失礼ながら今だに執筆されてるとは…知りませんでした。

私の記憶で、現代モノの多かった里中作品の印象とは
一味違い、神代の系譜・万葉集の和歌の歌人の織り成す
まほろばの世界観が典雅で優美なタッチで描かれていて、
こじゃれた代官山の雰囲気とはちょっとミスマッチながら、
思わず奈良の都にタイムスリップしちゃいました

神様と人が日々の暮らしの中でとても近かった時代。
昔読んだ古事記・日本書紀の詳細は忘れても、
言霊・かざし…を、今だに記憶しているのは、
今日に通じるからだと思います。

生花を髪にかざし、その花の生命力を頂く…かざし
人の内に神が宿るとする太古の教えから、
発する言葉は、霊的な力を持つ…これが言霊
困った時の虫のいい神頼みばかりでは、ちょっとどうかと
思いますが、本当に叶えたい想いを声に出して唱えると、
不思議と自分の心も動いて、気が付くと願いが叶っていた
っていうこと、今までに意外と多いのでは?

そんなこと全然なかった…て、思う方は、
もしかして”そんなことおこるはずない。”って、
最初から諦めモードではないですか?
最初からドデカイ望みは無理でも、小さな願いごとを積み上げて
いけば、いつかは大きな願いに辿り着けるかもしれませんよ

京都の洗練された紅葉も綺麗ですが、奈良の山もみじは
時空を越えたおおらかな宇宙観があります。
錦秋の気配に誘われて、インスピレーションを磨きに行きたい…
慌しいほんのひととき、切ないほど思ってしまいました。

PS.セルフサービスのお抹茶美味しかった~ごちそうさまです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ボイストレーニング

最近はまっているもの…ずばりコーラス
といっても、期間限定・子供の中学の
にわかママさんコーラスです

実を言うと、生まれてこのかた合唱団にもコーラス部にも
属したことはなく、真面目に歌うのは苦手、
最近は歌といえば、酔っ払ってカラオケ…(笑)
そんな私が回を重ねる毎に、もうドップリ!
そんな魅力的な合唱練習なんです。

とにもかくにも、先生のご指導がすごい
お見せ出来ないのが残念ですが、毎回笑いと感動をとる
独特の表現の妙には、”天使にラブソングを”の、
ウーピー・ゴールドバーグもまっ青状態
例えば放送コードに引っかからないレベル?!で例を挙げると
「高い声を出す時は、後ろにいい男がいるのを想像して、
綺麗な背中を見せるように!はい、ウァ~オ
て、その通りやると、ホントに高音が無理なく
出せちゃうのですから(・∀・)ノ
他にも秘儀はあるのですが、それはヒミツです(笑)
てな訳で、まるで魔法にかかったように声もどんどん出るようになって
最初は引き気味のメンバー全員、気持ちはすっかりゴスぺラーズ

足の裏から大地のエネルギーをもらってお腹から頭に抜けるように
声を出すこと…、自ずと各チャクラを清め、活性化し、
心身を元気にしてくれます
にわかコーラスはこれで終了ですが、折角得た発声の仕方、
チャクラ浄化を兼ねて時々やってみようと思います
あと、意外だったのは、すごいダイエット効果
一時間歌ってると汗だくになりますよ。
(足に汗をかいたのはびっくり!)

さあ、明日は本番(あ!、12時過ぎたから今日です)
がんばるぞ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ヒデヨシ

ヒデヨシといっても、秀吉ではありません。
知る人ぞ知るネコのヒデヨシ、
アタゴオルのヒデヨシです

先日新宿の武蔵野館で、近日上映のパンフを見るまで
映画が製作されていることも知らず、
声優の中に、往年の谷山浩子が名前を連ねてることにも
うれしいビックリで、しばし数十年前のピュアな頃に
タイムスリップしてました

ご存知ない方はなんのことやらなので、ちょっとご説明。
『アタゴオルは猫の森』ますむらひろし著
1970年代創刊だったと思います。
大猫ヒデヨシと美少年テンプラ、それを取り巻く仲間が織り成す
不思議世界の漫画です。
漫画といっても侮ることなかれ。
宮沢賢治の童話に匹敵するくらいの世界観だと、私は思います

でも映像になるのはどうなのかな~?
CGを駆使した仕上がりのようですが、
あまり作りすぎると『チョコレート工場…』の小人のダンスみたいに
引き気味の出来になっても、残念なので。

予告画像は、ものすごくカラフル。
ヒデヨシに至っては、ハレーションを起こすくらい黄金色に近い
フサフサの毛並み.。塗装がはげる前のドラえもん色か、
トトロがオメデたくバージョンアップしたみたいな迫力で、
かなり神々しかったですけど…

個人的には、茹でたそうめんを餅の早食いみたいに
一気に啜る、キモかわいい(?!)愛嬌を残した
素朴なヒデヨシイメージを消して欲しくないな~と、
ぽっつり思ってしまうのですが…☆

なんだか、すっかりオタクトークでごめんなさいm(._,)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オレンジ

ちょっとバタバタして、ブログさぼってしまいごめんなさい。

昨日、香川時代の友達に10年ぶりに会いました
もともと彼女は美人で目立つのだけれど、
東京駅の雑踏に、分りやすいようにと気を利かせてくれて
の服というので、私は白で行くね~と、待ち合わせ
並んで歩いたら、紅白でまさしくオメデタイ二人でした?!

で、10年経っても美貌は変わらず、
相変わらず雰囲気は、オレンジ
(私は江原さんのように見えませんが、きっと会う人みんな
感じるくらいのパワーです!)

香川の高松でお互いいろんな苦楽に遭遇し、
共に過ごしたせいか、久々でもブランクはほとんど感じることなく
状況を愚痴ることなく、前向きに話が出来るのは
出会わせてもらえた不思議なご縁とつくずく思います。

オレンジは暖かく慈愛に満ちた色ですが、
きっと生まれながらにもっていて、年と共にどんどん昇華してる
みたいです。
彼女自身、普通なら抱えきれない大変な出来事の連続なのに
眉間にシワを刻むことも、険しい顔つきになることもなく
それどころか菩薩さまのように柔和さを増して、
周りに気を配る姿は、あやからなくっちゃ!と、
改めて頭が下がるばかり…

それにすごい晴れ女
昨日の予報は午後から雨だったのに、
「雨に降られたことがないの。」(そういえば、昔もそう言ってた)
の、言葉通りほんとに雨の あ の字もない!!

彼女のオレンジオーラはお日様オーラだと思います
今日は強力パワーのお裾分けで、私もかなりパワーチャージ
これを読んで下さった方も、オレンジパワーの恩恵が
届きますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桜塚やっくん

お笑いフェチの私にして、
やっくんは、エンタに出始めから注目株で
(まぁオリラジ同様、注目株だからエンタにも出れたのでしょうが)
ネタフリも新鮮だけど、なんて綺麗

彼女、いや彼のスケバン姿は、ダンスを極めたゴリエちゃんには
悪いけど、劇画チックで惚れ惚れします
♡♡
最近はCMにも登場してて、画面アップのつやつや肌は、
マキアージュのファンデで魅せてるエビちゃんともいい勝負
と、一人で感心してたら、「較べる対象おかしいし!」と、
息子に冷たく言われました…

確かに較べる対象ではない…です…ハイ。

昨日炎天下の中、サッカーの試合で狂喜乱舞した結果
どうも脳まで日焼けしたみたいで、思考回路が
オーバーヒートしているみたいです。
今日は(も?)まともなことが、書けませんm(_ _)m

でもめげずにお笑いネタは続くかも
小梅太夫・やっくん、さあ次は誰でしょう?!
ちなみに思いっきり笑うと、憑いた霊もコロッと落ちちゃう
そうですよ!
”笑う門には福来る”
まとまらないオチで、ごめんなさい(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

デトックス

デトックス=解毒らしいのですが、サプリメント服用から
ボディーエクセサイズに至るまで、最近よく聞くワードです。

私もプチ健康オタクなので、玄米に凝ってみたり、このお茶が
いいといえば即試す方なのですが、(まあ、お財布中身の許容範囲で)
ただ、どこまで効果が出てるか?と、言えば…
う~ん、「多分、気をつけてるからなんとなく元気。」とか、
「きっと、気をつけてる分健康に違いない!」と、いった妙な自信のみ?!

なんだか最近では美容内科とかがやたら進出してきて、
25000円で、血液サラサラ度とか肌年齢とか検査してくれる
らしいのですけどね…
25000円出してビタミン剤を処方してもらうより、
25000円分、美味しいもの食べた方がいい♡と、思う私。
これでは、健康まではなんとか辿りつけても、
アンチエイジングへの道のりは、程遠いことでしょう。

おっと、話が横道に反れました。 体に関してというより、
今日の話は、私の心のデドックスについて…

で、何かと言えば”書くこと”です☆

なんていうと、文学者気取りでさもデキそうですが、
国文専攻にも関わらず、学生時代は原稿用紙を
一枚埋めるのにも、吐き気がするほど四苦八苦で、
学費をドブに捨ててるようなダメ学生でした。
頭もないのに、スゴイの書こうとか、カッコいい文を書こうとか
ひたすら産みの苦しみのみは味わいつつ、
何も生み出せず…

で、卒業しやれやれと思う間もなく、就いた仕事の内容は
文章作成が必須の職種!(人生、乗り越えるべき壁は、
逃げても必ず追ってきます(笑)!)
でも最初は真似でもなんでも、その気になって書き慣れれば、
それなりにサマになってくるものです。
本当にやってやれないことはない!

なんだか熱血教師的になり、ごめんなさい。
また横道に反れました。

まず、モヤモヤしたことをメモでも何でも箇条書きで書きなぐってみる。
(ちなみにPCより手書きの方がアナログな私はスッキリします。)
でそのことについてのいろんな角度からの一行文が出揃った!
と、思ったら、時間の経過・自分と他者との関係を念頭に置きながら、
毛糸のモチーフを繋げる様に文を並び替えてみる。
起こった事案・原因・結果・第三者的立場での考察…

で、最後にこれからどうなっていきたいかをなるだけポジティブに
まとめてみる。
すると、不思議と気持ちが整理出来、これからやるべきことが
見えてきたりします。
ちょっとした自己開示法です。
ただ、それでも鬱々なる時は決して抱え込まないで
ご相談下さいね☆

悲しみ苦しみを心の中に溜めておくことは、
貴女の体にも心にも美容にも一番の毒素なのですから…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

お月見

昨日は、ものすごい風と雨でしたね。
傘もまったく役に立たず、靴の中までずぶずぶ…

で、今日はうって変わっての秋晴れ!
満月のお月様、拝めそうです

先日の”月の話”は、ちょっとマニアックに走ったので、
今日は<花より団子>で月見だんごのハナシをします

白玉団子は、白玉粉を普通お水で緩めていくのですが、
お水は一切使わない代わりに木綿豆腐を混ぜます。
大ざっぱな私は目分量ですが、練っていって、耳たぶの硬さ
にまとまるくらい。パン生地みたいに練らなくても
すぐ出来ると思います。

それを一口大に丸めて煮立ったお湯に入れ、
浮き上がったら出来上がり
お砂糖入り黄な粉をまぶすか、みたらし餡をかけるか
黒ゴマペースト・粒餡…あとはお好みアレンジで。

うっすらクリーム色になるくらいで、匂いもほとんどないので
豆腐がはいっているとは、言わなければ気付かないと思います。
大豆のイソフラボン入り、どうぞお試しください!

やっぱり、秋は食欲が一番かな~

追伸 : ストーンの月光浴に最適の石は、ムーンストーン・
     ローズクオーツ・パールなどの水石と言われる類です
     この種類は女性向き、愛情運アップに効果的ですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フェアリー テール

昨日、お客様のお迎え用に、花屋で思わず目にとまった
濃いめのピンクのバラを買ってきました。
で、カラーコーディネートご希望の、初対面のお客様がいらっしゃり、
ドレーピングをしたところ、そのばら色がベストカラーの中でも
文句なしの一押し

以前も、「あ、この色!」と、オレンジ黄色のバラを選んだら
いらして下さった方が、ラッキーカラーとスピリチャルの方に
告げられたと…

テーブルに生花を飾ると気持ちが癒されるのは、美しいだけでなく
花に宿るフェアリー達のお蔭と、
江原さんがテレビで語っていたのを聞いたことがありますが。

大人になってもそういう素敵な話は信じていたいものです
フェアリーカードに描かれたような、かわいい妖精たちが
落ち込んだ気持ちを和ませてくれたり、
ほっこりハッピーな気分にさせてくれたり…

かなり乙女チックかもしれませんが、その気になって
一度試してみて下さい!
花屋にはいって、まず目にとまったお花にそっと左手をかざしてみる。
その手のひらに柔らかい空気を感じたら、
それが今のあなたのラッキーカラーかもしれませんよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

癒されました~☆

タイトルから想像すると、???ですが…
昨日お伺いした、お友達のご自宅!

上品でおしゃれな彼女のセンスの良さが
至るところに生かされていて、
本当にヒーリングスポットのよう♡

で、家とどこが違うか?!と思って考えると
室内の配色が違う!
ホワイトのクロスに吹き抜けの天井。
ベージュのトーンにまとめた中で
壁にはめ込んだアクアブルーのクリスタルタイルと
南側のロールカーテンの淡いペパーミントグリーンが
爽やかなアクセントになってて…

これって、どこかで見たことある☆と、思いながら
家に帰って気が付きました!

葉 祥明 の絵の風景と同じカラートーンです♡

うっ、この感動を忘れないうちに、我が家も
掃除しようっと!


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小梅太夫

この間、お友達にチケットを頂き、歌舞伎を
観たのですが、ナマは初めてで、
衣装といい背景といいテレビ画像とは比べものに
ならない程、本当に艶やかで綺麗
中でも福助の女形は姿といい、立ち振る舞いといい
ため息がでるくらい美しくて妖艶で…
ルックスで言うと、伊東美咲が昇華したよう

そんな中で、若い娘役(失礼なのでお名前は伏せます)
の声質と台詞回しが、あの小梅太夫そっくり!
まじめなお芝居だし、泣かせる場面だし
だめだめ、いけないいけない!と思えば思うほど
チャンちゃかチャンちゃん…と、頭の中でグルグル。
で、見せ場のヨヨヨ~と泣き崩れるシーンに至っては、
チックショ~!の声とダブってダブって…
笑いを堪えるのが大変!
周りを見回しても、みんな真剣そのもので
こんな不謹慎なヤツは、私の他にいる様子なし(冷や汗)
(そうそう、私の斜め後ろには山田洋二監督が
いらっしゃいました。)
どうでもいいことですが…こんなこと思うのって、私だけ?

やっぱり、私には、ルミネ・ザ・吉本が向いてるかな~と、
思いつつ、古典の伝統美と、普通じゃ感じないお笑いを
堪能し、いろんな意味で満喫しきりの歌舞伎鑑賞でした!
(純粋な歌舞伎ファンの皆様、不真面目な書き込みどうか
ご容赦下さいませm( _ _ )m)

*お詫び*
  不謹慎ついでに、お詫び申し上げます。
  カラード シプカのスペルが Shipka のところ、
  間違えており、タイトルは訂正したのですが、
  アドレスは変更が出来ず、勝手ながらローマ字書きとして
  お許し戴きたく、よろしくお願い致しますm( _ _ )m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

月の話

月曜だし、この前は太陽の話だったので、
今日は月のことを書きますね

潮の満ち干は月の引力によるもので、人の生死も
その影響を受けていることは
昔から言われてれていることですが…

満ちていく月の時にはすべてにおいて吸収されやすく
欠けていく月の時にはすべてにおいて放出されやすい。

つまり満ちていく時には、エネルギーも吸収するけれど
食物も吸収されやすい…太りやすい…
逆に欠けていく時には放出・発散効果で、パワーアップは
期待出来ないけれど、ダイエットには有効とのこと。

新月の日は浄化・解毒に最適なので、悪習をリセットして
新しいことをするのに適します。
そして満月の日は、もっともパワー吸収出来る時。

今パワーストーンがちょっとしたブームですが、
ストーンにはパワーチャージが必要です。
セージなどのハーブを使った浄化方法が有効ですが、
これにはグッズが必要なので、手軽なのは日光浴・
水浴・月光浴…
ただ種類によっては、光で変色したり、水で退色したりする為
満月の月の光にかざす月光浴がおすすめです。

ただし、ルナティックの言葉通り
満月は人の心を騒がせます。
すべてのテンションが最高潮を迎え、高揚と混乱で
にわかに騒がしい夜です。

ですから月光浴もほどほどに
夜遊びの言い訳を”月光浴”と言わないように(笑)
さもないとオオカミ男(最近はウサギ男?!)に
変身するかもしれませんよ。

*参考文献 ; 『 月の癒し 』
 ヨアンナ・パウンガー トーマス・ポッペ著

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

ハレとケ

ハレ と ケ 。
能や神楽で使われる言葉です。
ハレは、慶事などの華やかで晴れがましい舞台。
ケは、日常の生活を描いた舞台。

例えは一昔前になりますが、向田邦子さんの小説には、
時代背景とともにこのメリハリがはっきり描かれていたように
記憶します。

私も、日本古来のこの意識付けが好きです。
例えば色に例えれば、ハレは・オレンジ
ケは、
願わくば、いつもパワー全快で興味あることにアクティブに
取り組んで行きたいけれど、度を越すと息切れするし、疲れるし…
ケの地味だけど平穏な日常に戻ることで、
またエネルギーを蓄え意識を新たにチャレンジしていける
この頃合いのいい切り替えのリズムが体得出来れば、
リフレッシュしながらパワーチャージ出来るのだと思います。

努力!とか 根性!とかの言葉を唱えながらの修行めいたものは
さらさらする気はないし、強いられてもごめんなさいなのですが、
今自分の望むハレの場を意識して、ケの生活を送っていれば
丁度そのエネルギーが満ちた時、自ずと道が開けるのではないでしょうか。

願えば叶う、だけど叶う時期に受け入れる準備が何も出来てなければ
せっかく訪れたチャンスの気配を逃してしまいます。
それを念頭に置きながらする準備は、多少の困難はあっても
苦しい努力ではなくて、わくわくする作業になるはず。

自分と他人は違うもの。較べたり、羨んだり、また何かに依存して
自分を見失ったりしないよう、
自分にあったペースとリズムを見つけて暮らしてみると、
あなたが望むものが人を傷つけない善なるものなら、
必要な時に必要なものがきっと手に入ります

なんだか修身めいたとても真面目なハナシになってしまい…
書きながら、これは今の私自身への自戒だ~と思った次第です。
レッド○○翼をさずける♪みたいに、飛んでいきそうになった時は、
グランディング(地に足をつける)しましょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »