トップページ | 2006年10月 »

ライトアップ☆

今日、落ち込むことがあり、気持ちをチェンジアップして切り替えようと思います。
くよくよするのは心にも体にもいいことありませんものね
で、ちょっとステキなこと聞いたのでお知らせをかねてお伝えしますね

東京タワーの話です。
0時にライトダウンした時告白すると、その恋人たちは永遠に幸せになれる…っていう
ライトダウン伝説は有名ですよね
では、ライトのカラーが特別な日には変わるというの、ご存知ですか?
「そんなの知ってるよ!」という方には、失礼。

普段はオレンジっぽいライトがその日はピンク色に変わるんですって☆
マゼンダっぽい、こいピンク
その日はたぶん明日、10月1日。

乳がん早期発見のキャンペーンの為なのだそうですが、
たとえば今までもワールドカップの時は、サムライ・ブルーだったり
マトリックス・リローデットの時はグリーンだったり…
そうそう、クリスマスの時はキャンドル風になるのだそうですよ!

中でもやっぱり私はピンクが好きかな~。
この機会に、あなたの大切な方を連れて観に行かれてはいかがですか?
ピンクの優しいオーラに包まれて、ライトダウンに負けないくらい
幸せになると思いますよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

太陽

先日、映画『太陽』を観てきました。

戦争映画は観ると辛くて息苦しくなるので、意識的に避けてきたのですが、

この映画のフレコミを観た時、行こう!と、即断してました。

まぁ昔からイッセー尾形は好きで、彼の演じる昭和天皇にも興味あったのも理由のひとつ

ですが☆

場内は意外にも20代のカップルも多くて、「彼らは一体どんな風に感じるのだろう?」と、

ある意味興味深かったです。

映画は、終戦時の天皇の状況が、終始淡々と描かれたものでしたが、

演者陣の技量のなせる技か、ロシア巨匠の秀逸の演出か飽くことなく見終えました。

感じたことは、邦画と洋画(ロシア映画)の画面の色合いの違い。

劇画タッチでウエットな日本の戦争ものとはまったく違う、素描風で乾いた感じの『太陽』の画像。

”現人神”と崇められた天皇が人間として苦悩するさまを、太陽の日差しの遠い

北の大地を彷彿とさせる薄明かりの白っぽい映像を通すことで、余計なインパクトを

作らなくても、心に静かに染入る効果をなしていました。

イッセー…の演技も秀逸で、昭和天皇の日常は知りませんが、イッセー尾形が演じてると

いうのを途中から忘れてみてました☆

いずれにしても日本では、<作れない><作らない>映画。賛否はありますが、外国映画で

ここまで日本を描いたというのに感服するばかりです!

ご興味ある方は是非どうぞ☆ でもあくまでこれは私の独断と偏見なのであしからず…

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

オーラの泉

昨日のオーラの泉は、ダイジェスト版でしたね。

半分くらい観れてない時があったので、改めて面白かったです。

いつもながら印象的なのは、”過去の魂の記憶が、現世に影響している…”

と、いうことなのですが、そういうことってありますよね?

以前デジャブーを科学的に解明しようとした番組ありましたけど、そんなコチコチに

無理して解明しなくても…もっとファジーに考えていいんじゃない?と、思ったものです。

たとえば私のシプカという名前。 これはブルガリア語の《野バラ》に由来します。

それまでブルガリアに行ったこともなく、意識すらしていなかったのに、学生時代に

ブルガリアのレカ(民謡)をたまたま聞いた時、「あ!この曲…。」と、思ったとたん

不思議な懐かしさでウル(:_;)としてしまい、みんなそうかと思ったら、

友達は「どうしたの?」て、キョトンとしてて。で、近いルーマニアとかユーゴの曲とかは

ピンと来ないんです。

ブルガリアは薔薇の国。経済的には決して豊かとは言えないけど

過去ブルガリアに住んでたのかな~?と思っただけで、ちょっと幸せ♡

(想像するのは勝手ですよね。)

でも苦手なものに関しても過去生の影響があるとすれば、

大きい音・水中・閉所・カエル・・・(まあ個人的陳腐な例えですが。)

なぜだめなのかよく分らないけど、過去がそうだからと原因にしてアグラをかくのでなく

どうやれば克服出来るかが、新たなフォーチュン・キーになるのかもしれませんね。

とすれば、カエル。カエル大明神とまずは遠めで拝むことにしましょうか♡

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

紫色ダイエット

今日行きつけのブティックのおにいさんに聞いたのですが、マライヤ・キャリーは

紫色ダイエットとやらをやってるのだそうです。

どんなかというと、紫色のもの、ブドウビーツプルーンとかを主に食べるのだそうで、

紫の色素に含まれるアントシアニンとかの成分に抗酸化作用があり、ダイエットしながら

お肌もすべすべになるとのこと…。

そういえば先日TVで『ブドウは皮ごと、種も食べる』というのを、巨峰で早速実行したら

とっても辛くて、何を食べてるのかよく分らなくなってしまいました。

紫色は良くも悪くも個性的な色。 マライヤもますますそうなるうのでしょうか…

何事もほどほど心地よい程度がよいのかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

下北探訪

この前までオンエアされてたドラマ『下北サンデーズ』に触発され、久々に行って来ました

下北!

相変わらずのパッとしない駅、平日なのに人が多くて相変わらずごちゃごちゃの街並み…

でも渋谷やブクロと違ってなぜかホッと癒しスポットな気がするのは土地の持ってる気のせいかな?(と、感じるのも単なる気のせい?!)

ここでとにかく気に入ってるとこが、ストーンマーケット。 

全国展開していて都下でも数店舗あって、中では規模としてもかなりこじんまりしてるけど

青山店のジュエリーショップのようなバ~ンとした店構えより、ふわふわハッピーなオーラ

を感じる気がするのですが…これって ♬ラララ下北以上~ラララ原宿未満~  でなくて

♬ ららら 下北以上~ ららら 青山未満~ って、ことでしょうか?

で、ランチはグルナビで見つけたgenki dining 八百屋

野菜中心の和風ヘルシー仕立てで、落ち着けておすすめです!

ということで目もおなかも癒してくれたシモキタでした♡

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ご案内

* 2009年 4月より改定させていただきます。 

《セッション・セラピー》


club  カラー<キュービック>セラピーshine (60分) …8000円

   (15分ごと 1000円プラス 最大90分) 

    

 ~色彩心理によるアプローチ・
             カウンセリング形式のセラピーです~

*お断り
  カラーセラピーは臨床心理療法で、占い・スピリチュアル系とは
  一切関係ございません。
           

club  フォーチュンストーンアクセサリー オーダーshine

     ~カラーセラピー終了後のお客様でご希望の方に、
    その方の今必要なストーンをイメージしながら作成致します~

   
* お名前のみのリーディングによるアクセ作成も承ります。
       但し、リーディング料 5000円 を承ります。

   
* ブレスレット (金具仕上げOr樹脂ゴム繋ぎ)
       
        5000円~ (金額・内容は、ご相談に応じます。)
 
003 04l
03l




☆ 一例です。
  
 * ネックレス  
    10000円~ (金額・内容は、ご相談に応じます。)


    001          52l_2         Ncyarm                                                                                                  

☆ 一例です。

※ 詳細に関しましては、個々にお問い合わせ下さい。

《カラーアプローチ》

tulip カラーコーディネートshine (90分) … 10000円
           (メイク&スタイル提案付)

   ~120枚のドレープを使って、貴女に一番お似合いの
     カラートーンをお伝えしていきます。
         色の力を最大限味方につけて、よりいっそう輝やいてください!

   

    * カラーコーディネートに、お二人でお越しの際は、
                       1000円お引き致します。

          女性限定・完全ご予約制 (平日10時~17時)
     土日・祭日はお早めであればご相談に応じます。
     都内出張可。 但し交通費(電車運賃相当額で)
      頂戴致します。

     ご予約・お問い合わせは下記メールもしくはお電話で
      お願い致します。

   

   handy fone  :  090-8451-6417

   mail         :  midori-hara@t.vodafone.ne.jp

   交通アクセス   :  東京メトロ丸の内線東高円寺下車
                徒歩10分

            (場所はご予約後、詳細のご連絡を致します。)

| | コメント (0)
|

カラーコーディネートとは

貴女の着ているその服の色、本当に貴女にお似合いですか?

大変失礼な言い方ですみません。でも店員さんは否定的なアドバイスは決してしてはくれません。「とってもよくお似合いですよ!」と言われて買った服なのに、着るとなんだかしっくりこない…、どこも悪くないのに「今日ちょっと元気ない?」と、親しい人に聞かれてしまった…こんな経験はありませんか?
20代までは若さと気合で着ることが出来たいろいろなカラーが、年とともに無難でダークな色を選びがち、確かにダークカラーやモノトーンに慣れ親しんでしまうと、たとえば綺麗なピンクを身に付けることは、周りの人の視線を思うと並々ならない勇気がいること。
でも色選びに年齢制限はありません!
実をいうとブラウン・キャメルは似合う・似合わないがハッキリ分かれる難しい色。
ブラックに及んでは、常時身に付けると顔のシミ・シワを増やすという研究結果もあるほど…
色の研究ははるかギリシャ時代から行われ、現代では心理学や医学の分野まで影響を与えています。様々な色は見て楽しむのはもちろんのこと、その時々に応じ身に纏うことで癒され・活力が漲り・ストレス回避にも繋がるのです。
カラーコーディネートは、決して色を限定したり色使いの幅を狭めたりするものではありません
120色のドレープを合わせることっで、年齢・流行に囚われることなく、
貴女ご自身のもっている魅力を最大限に引き出すご提案です。
フォーシーズンのグループ分けから一番お似合いになるカラーラインアップをお伝えし、
貴女の目・肌で実感して頂くことで、一層充実し輝いて年を重ねていける…
そんなお手伝いが出来れば、と心より思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カラー<キュービック>セラピー&ストーンセラピーとは

カラー<キュービック>セラピーについて

なんだかモヤモヤすっきりしない。
いったいどうしたらこの想い分ってもらえるの?
そんなつもりじゃないのに、気がつけばいつも同んなじ繰り返し…
そんな気持ちになったことないですか?
ある意味ストレスは生きていく上で必要で、
それを乗り越えて人は成長していくのですが、
知らず知らずストレスを心に溜めてしまった状態は、
言葉は悪いけれど便秘と同じ。
外に出してやることが必要です。
色にはそれぞれ意味があります。
占いとは異なりますが、心の奥に閉じ込めた本当の思いを
気付かせてくれます。
クーピーペンシルを使って今の貴女の気持ちにアプローチし、
表出し、なりたい自分を構築していく、塗り絵感覚のセラピーです。

ストーンヒプノセラピーについて

人には様々なタイプがいるように
石にも、それぞれ違った気質・エネルギー・癒しの力が宿り
私たちの中の見失いがちな折々のインスピレーション、
学ぶべきヒントを自ずと引き出してくれます。
数十個のストーンタンブルの中から、貴女の心と引き合うものと
対話しながら、今必要なメッセージを受け取る…
地球の神秘を秘めたセラピーです。

リーディングセッションについて

事前リーディングによるイメージ・メッセージをお伝えし、
ご自身でも気付いていただく、カウンセリング形式の
セッションです。

 お断り (お申し込み前に必ずお読み下さい。)

カラーセラピー・ストーンセラピーは、医療行為ではございません。
通院中もしくはお医者さまの診断が必要となる方は、
お受け致しかねますのでご了承下さい。

リーディングに関しましては、その時々の状況で
情報のはいらない場合もございます。
その際には、事前リーディング段階で、
お断りさせて頂く場合がございます。
何卒ご容赦下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

はじめまして

もうすっかり秋ですね~。

今年は夏がほんとに短くて、一体どこへやら…

それどころか今日なんかは特に涼しいを通り越して、さむい!!

半そでだと肌寒いけど、長袖だと腕まくりしたくなるくらいの晴れ渡った青空の微妙な秋風

の温度が好きなのに、うっ…予定より早く雨まで降ってきてしまった。

こんな日は、風邪を引かないようにキムチ鍋でレッドパワーを注入しましょうか。

材料はしゃぶしゃぶ用豚バラ・ニラ沢山・豆腐・きのこ各種(くずきりも喉に効きます)…

で、忘れてならないキムチ!

うちは家族の辛さ許容量が違うので、キムチ鍋のもとは使わず昆布・ガラスープと白だし

にうっすら色の着く位コチジャン&キムチ入りがベース、後は適宜キムチ…のあくまでキ

ムチ鍋風ですがこれでもホコホコ暖まります。そういえば、韓国に行った時白磁のように

綺麗な肌の韓国女性に見とれてしまいました。あの美肌もキムチのたまもの?!

かの佐伯チズさんいわく「キレイになろうという気持ちが大切。」のお言葉を信じて、楽しく

食卓を囲みましょう

最初なので、オシャレに決めようと思ったのに…やはり食欲の秋には勝てません

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2006年10月 »